2014年10月22日

やまなし発「花子とアン」その16 [花子とアン]

みなさん、こんにちは

山梨県観光部の中村です。


連続テレビ小説「花子とアン」の「花子の生家」のロケセットが復活しました。

場所は、花子が子どもの時に忍び込んだ教会のロケセットの隣です。

IMG_0579.JPG花子ロケセット

(実際にロケで使用したものを移築)

IMG_0577.JPGロケセット2

IMG_0578.JPGロケセット3

何と、ロケセットが同じ敷地に2つもそろったことになるのです。

IMG_0581.JPGロケセット4

(右が教会のロケセット(豪商の蔵座敷)、左奥が「花子の生家」ロケセット)

IMG_0545.JPGロケセット5

復活場所:山梨県韮崎市民俗資料館(韮崎市藤井町南下條786-3)

http://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2013021607668/

10月18日(土)に、花子の子役を演じた山田望叶ちゃんをご招待して、

ロケセット移築オープニング記念セレモニーが開催されました。

IMG_0551.JPGロケセット6

(オープニング記念セレモニーのテープカット、真ん中が山田望叶ちゃん)

IMG_0583.JPGロケセット7

望叶ちゃんは、セレモニーのトークセッションの中で、

「教会と家がこんなに近かったら、毎日本を読みに行けたのに」と

とても可愛らしいコメントをしていました。

この韮崎市に復活したロケセットは、

実際にロケで使用されたものを移築したので、ドラマの雰囲気そのままです。

ぜひ一度見に来てくりょうし(見に来てください)!!

【山梨の観光情報 「富士の国やまなし観光ネット」】

http://www.yamanashi-kankou.jp/index.html

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月20日

郷育フォーラム2014でおもてなし! [おもてなしやまなし]

おもてなし担当の仲村です。

おもてなしの第一歩は地元に愛着を持つこと

住んでる地域がもっと好きになれる情報を お届けできたらと思います

昨日、甲府市総合市民会館で郷育フォーラム2014が開催されました。

05.jpg

郷育フォーラムのコンセプトは「きょういく~教育・共育・郷育~から郷土(ふるさと)を育もう」

「おもてなし」も大切なことは地域の魅力や価値を知ること

そこから誇りや愛着が生まれ、「山梨ならではのおもてなし」として

地域の魅力や価値を自身をもって伝えていくことにつながります。

08.jpg

おもてなし推進のPRブースを設け、

「おもてなしのやまなし観光振興条例」や「おもてなし年賀状」のPRを行いました。

そして、スペシャルゲスト!

武田菱丸くん!

子どもたちは大喜び。写真撮影に引っ張りだこ!

16.jpg

同じ会場で開催された「よさこい・にらさき秀麗」さんの

よさこい踊りにも参加!

013.jpg

「笑いヨガ」にも乱入して一緒に笑いヨガを実践!

14.jpg

菱丸くんも精一杯の"おもてなし"でPR

参加してくれた子どもたち・大人のみなさんには

地域を愛し、誇りに思ってもらう気持ちを持ち続けてほしいと願います!

15.jpg

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月17日

県立まきば公園へ行ってきました [自然・体験・文化・歴史等]

こんにちは。やまなしブランド推進PTの矢崎です。

みなさん、日々のお仕事で疲れていませんか?

癒やしが欲しいと思いませんか?

癒やしを求めるならば、かわいい動物をもふもふするべきでしょう!!!

ということで、私は先日山梨県立まきば公園へ行ってまいりました。

県立まきば公園は八ヶ岳南麓に広がる県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた、雄大な自然と広大な緑の牧草地の中で動物とのふれあいができる公園です。

makiba-0.JPG(あいにくの曇り空でしたが・・・)

駐車場を下りると、早速牛がお出迎え。

makiba-1.JPG(草をはむはむしています)

続いてヒツジ。

makiba-3.JPG(こちらもひたすらはむはむ)

ヤギ。

makiba-4.JPG(わざわざ狭い足場に立っています)

ポニー。

makiba-5.JPG(2頭で仲良く体をこすり合ってました)

このようにいろいろな動物がお出迎えしてくれます。かわいい仕草を見ているだけで和みますね!

これだけでも十分に癒やされるのですが、まきば公園ではさらに動物と直にふれあうことができます。

makiba-7.JPG(今日のターゲットはこのヒツジ君。もふもふの毛が暖かそう!)

makiba-8.JPG

ちなみにヒツジは2種類で、さきほどの黒い顔のがサフォーク、白いのがコリデールと言うそうです。どちらもかわいい!

makiba-6.JPG(柵の外でヒツジが遊んでおりますので、自由に触ることができます。)

makiba-9.JPG

毛はふわふわというよりはちょっと堅めな感触。でも暖かい!この日はちょっと寒かったので天然ウール100%はとっても心地よかったです。

実はヒツジに触るのは初めてだったのでおそるおそるだったのですが、人に慣れているのかとてもおとなしくて、なでてあげるととても気持ちよさそうにしていました。

このあと毛の中に指を突っ込んだり、ぎゅーっと抱きついたり、心ゆくまでもふもふを堪能しました!

動物とのふれあいを求めるなら「まきば公園」はおすすめです!!

makiba-10.JPG(つぶらな瞳がたまりません!)

そんなまきば公園ですが、残念ながら開園期間は11月9日まで。(冬はお休みするそうです。)

この時期を逃すと次の春までもふもふはお預けになりますので、興味を持たれた方はお早めにお出掛けください!!

まきば公園のご案内→

http://www.yatuboku.jp/makiba/index.html

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月16日

おもてなしの心とは・・・ [おもてなしやまなし]

みなさんこんにちは!

山梨県観光部 山崎です。

今日は富士山の初冠雪が報道されましたねヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

冬支度はばっちりでしょうか(^^)

.

さてさて昨日は、塩山高校にいってまいりました≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

.

塩山高校では今年、「社会の中で生きる」ことを学ぶ授業として、

観光とおもてなしについて考える授業を行っており、

先日は高校生の取組の発表がされたことをご紹介しました。

紹介記事はこちら↓

前編 http://www.yamanashi-kankou.jp/blog/2014/09/post-1074.php

後編 http://www.yamanashi-kankou.jp/blog/2014/09/post-1077.php

.

そして、今回は塩山高校の全校生徒約600人に対して

やまなしおもてなしアドバイザーの

高野登さんによる講演会がありました。

08 - コピー.JPG

A02 - コピー.JPG

.

講演では、高野さんが昔はシャイだったこと(相当だったようです)や

ホテル業との出会いなど、

実体験を交えながらお話しをしていただきました。

.

おもてなしの原点は、

「感謝」

「あいさつ」

であることや、

.

おもてなしをするにはまず、

自分の心を鍛える、

感性の筋トレが必要であること、

など、おもてなしの話はもちろんのこと、

自分が生きていく上で

大切なお話しをたくさん聞くことができました。

,

塩山高校の皆さんにも

強く印象に残る、貴重な講演だったのではないでしょうか。

.

高野登さんについてもっと知りたい!

という方はこちらをご覧ください。

人とホスピタリティ研究所 facebookページ

→ https://ja-jp.facebook.com/humanandhospitality

また、高野さんは

「あえて、つながらない生きかた」

という本を近々出版されるそうです。

その本について色々私も伺いましたが

力強く生きるヒントが詰まった本なのではないかと感じています。

要チェックですっ('-'*)

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月14日

出張講座に行ってきました。 [富士山レンジャー]

こんにちは、富士山レンジャーです。

本日は昭和町にある常永小学校に出張講座にいってきました。

USER0010.JPG

綺麗な校舎と設備に緊張しながらの講義になりましたが、生徒の皆さんは楽しそうに富士山麓の自然や環境問題について学んでくれました。

USER0026.JPG

講義が終わって外に出てみると、グラウンドからは富士山の頭がバッチリ!

冠雪する姿が待ち遠しいですね~

富士山レンジャー

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月14日

「おもてなし年賀状」予約開始!! [おもてなしやまなし]

おもてなし担当の仲村です。

おもてなしの第一歩は地元に愛着を持つこと

住んでる地域がもっと好きになれる情報を お届けできたらと思いますひし丸

来年の年賀状はもう注文されましたか?

まだの方は必見です!

山梨県では、「おもてなし年賀状」を製作し、販売します。

宛名(おもて)面に、

富士の国やまなし観光キャラバン隊長の「ひし丸」

hishimaru.jpg

「おもてなしやまなし!」富士山ロゴをデザインした

   omotenasiyamanasi.jpg

インクジェット紙の年賀ハガキ(1枚52円)です。※うら面は無地です

11月10日から、やまなし観光推進機構窓口(県庁西別館1F)及び

かいてらす(山梨県地場産業センター、甲府市東光寺3-13-25)にて販売しますが、

本日、10月14日(火)からやまなし観光推進機構(TEL055-231-2722)で予約を受け付けています。

(送料及び振込手数料を購入者がご負担いただける場合は、口座への入金を確認後、発送いたします。※県内のみ)

「おもてなし年賀状」に皆さんの「山梨のココが好き!」を書いて全国のご友人に発信しませんか?

nengajyo.JPG

たくさんのご注文をお待ちしております!

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月11日

ゆるきゃら 大運動会にいってきたマル! [ひし丸]

やまなしのご当地キャラを集めた 秋の大運動会が開かれたマル!

今日は、決勝戦!!

   相撲対決!! 相手は、韮崎市の「ニーラ」、よ~し、がんばるマル!

CIMG8936.JPG

  やったマル! 優勝だマル!!

 CIMG8960.JPG

  "吉田のうどんぶりちゃん"やはたいぬ"もお祝いに駆けつけてくれたマル

    CIMG8977.JPG

他にも、ブードくん、もーん父さん、とりもっちゃん等も駆けつけてくれたマル!

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月09日

地域を知っておもてなし in 忍野八海♪ [おもてなしやまなし]

みなさんこんにちは!

山梨県観光部 山崎です(^^)

朝晩涼しくなってきましたね、

毛布のもふもふが気持ちのいい季節になりました(●´ω`●)モフモフ

.

さて、昨日はおもてなしの現場を体感すべく

忍野八海にいってまいりました≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノピューッ!

.

おじゃましたのは

忍野村観光協会が主催している

忍野村おもてなし観光ガイド養成講座」(・ω・)bグッ

※忍野村観光協会HP→http://www.oshino.jp/

.

この講座は、

一人でも多くの村民の皆様が

忍野八海や富士山に関する知識を身につけ、

忍野村を訪れたお客様に「忍野村にまた来たい!!」と思われる

おもてなしのエッセンスをきかせた案内

ができることを目指して開講しました。

.

受講者の方は皆さん忍野村に住んでいる方ですが

昔から住んでいるのではなく移住してきた方が多いみたいです。

.

昨日は全10回のうちの第2回ということで、

座学ではなく、忍野八海で現地ガイドと一緒に散策をしながら

忍野について学びました。

.

では!いざ!忍野へ((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

.

まずは今日の講師の方、

ふるさと忍野案内人観光ガイド」堀内茂さんから

忍野八海の成り立ちなどの概要説明・・・・

s001.jpg

.

次に2班に分かれて八海を散策!

忍野八海ひとつひとつの説明はもちろん(o'∀'))ゥンゥン

s007.jpg s009.jpg

.

散策中にある石碑や(。 ・ω・))フムフム

s017.jpg

.

村の木の話( ゚д゚)ホゥ

イチイという赤い実をつける木が忍野村の木なんですって!)

s20.JPG

.

そして村の歴史なんかもヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

s005.jpg

.

そういった忍野村全体の話をしながら深く忍野村について学びました

.

2班に分かれた散策チームには

メインのガイドさんを含め、

観光ガイドさんが3名ずつくらいついていて、

講座受講者の方の疑問に

個別に対応できるようになっており、

受講者の皆さんは好奇心が旺盛で、とても楽しそうに

忍野村について学ばれていました。

.

この講座を受講された皆さんが

忍野村、山梨県にいらっしゃる方々を

あたたかいおもてなしの心で迎えてくれるといいなぁ

と思いました(*´ω`*)

.

地域を知ることはおもてなしの心を育てる第一歩。

.

そんなことを体感した一日でした(´∀`*)

.

忍野村観光協会のみなさま、

講座受講者のみなさま、

忍野村のみなさま、

ありがとうございました(^^)

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月09日

富士山レンジャー写真展開催中!! [富士山レンジャー]

富士山レンジャー写真展 (2)[2].JPG

おはようございます。日に日に肌寒くなってきていますね。

さて、今回の富士山レンジャー写真展は西湖根場にある「富士山クラブ もりの学校」にて開催しています。

私たちの写真も、もちろん見ていただきたいのですが、ここ、富士山クラブには富士山にまつわる日用品や、アルピニスト野口健さんがヒマラヤから持ち帰ったゴミなど、面白い展示物がたくさん並んでいます。

ぜひ足を運んでみてください!

なお、展示期間は10月31日(金)までとなっております。

富士山レンジャー

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年10月08日

北杜市ダムカード事情(塩川ダム) [自然・体験・文化・歴史等]

こんにちは、やまなしブランド推進プロジェクトチームの内藤です。

 

10月に入りましたが、まだ台風の季節が続きます。

先日は台風18号が静岡県浜松市付近に上陸、関東甲信越地方を横断し、山梨県にも大雨洪水警報や土砂災害警戒情報が発表され、一部地域には避難勧告も発令されました。

山梨県を含む全国各地で浸水・冠水や土砂崩れなど、大きな被害が発生しました。

被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

台風の被害を防ぐために様々な対策が取られていますが、ダム台風時の洪水調節の役割を担っております。

そんなダムに感謝しながら見学し、ダムカードを入手して理解を深めてはいかがでしょうか?

 

ということで、今回は再び北杜市塩川ダムダムカードのご紹介です。

 

塩川ダムは、北杜市の「増富温泉」に向かう途中にあります。

須玉ICから車で30分ほどだそうです。詳しくはこちら

DSCN5847-2.jpg

駐車場に車を止め、管理事務所で無事ダムカード入手!

DSCN5846-1.jpg

塩川ダムダムカードの配布時間は、8:30~17:15までです(休日も対応)。 

一人一枚です!

 

さてダムカードの情報はというと、おなじみ国交省HPを参照すると

ダムの目的FNAWP」については、

F:洪水調節

N:河川の正常な流量の維持

A:かんがい

W:上水道

P:発電

塩川ダムには、なんと5つもの役割があり、新顔のが現れました!

それぞれのダムの役割が異なるのは何故なのか、理由を調べるのもいいですね。

ダムの形式G」は

G:重力式コンクリートダム

これは同じ北杜市の大門ダムと同じ形式ですね!

  

DSCN5848-1.jpg

駐車場から見た塩川ダム

こちらのダム湖は「みずがき湖

DSCN5849-2.jpg

駐車場から見たアーチ型の「鹿鳴峡大橋

 
 

鹿鳴峡大橋を渡り、みずがき湖の周囲をぐるっと巡ると、ちょうどダム管理事務所の反対側に展望台があります。

DSCN5860-2.jpg

展望台正面にはコンクリートダム本体!

ですがちょっと離れているのでズームアップ↓

DSCN5869-2.jpg

下の方に3つ見える隙間が恐らく常用洪水吐(推測)

その上の橋の下の隙間が恐らく非常用洪水吐(推測)

 

DSCN5856-2.jpg

展望台から右側を見ると、先ほど渡った鹿鳴峡大橋

DSCN5861-2.jpg

展望台から左側を見て、更に左側にちょこっと見えるロックフィルな感じが恐らく左岸遮水工(推測)

 

私が訪れた日はあいにくの雨で、それはそれでなかなか神秘的な風景でしたが、よく晴れた日はまた素敵な景色に出会えるはず! 

そろそろ寒くなってきたので、増富温泉を目指しつつ、塩川ダムで紅葉を楽しむのはいかがですか?

  

※詳細については、山梨県県土整備部 塩川ダム管理事務所のHPをご参照下さい。

(上記 記事内の参考リンクも、記載の無い限りこちらのHPです) 


続きにはダムカード詳細が!

| 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

富士の国やまなし 観光ネット トップページへ戻る

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール 山梨の魅力をお伝えします!

検索

最近のコメント

いい旅やまなしナビ

やまなしの魅力を全力で紹介する「やまなし物語」は、観光4ブログを統合し新たにスタートしました。
過去の記事は、下記バナーからご覧ください。

(社)やまなし観光推進機構 オフィシャルブログ
やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり
おもてなしやまなし!おもてなしブログ
検索
プロフィール

私たち地元人が、山梨の魅力をお届けします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリーリスト
リンク集
公益社団法人やまなし観光推進機構 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-8-17 電話番号:055-231-2722 ファックス番号:055-221-3040

Copyright(C)2009 Yamanashi Tourism Organization All rights reserved.