本文へジャンプします。

English

HOME > エキストラ募集!! 映画「となりの怪物くん」

県民参加

  • エキストラ募集
  • 撮影協力企業・団体募集

ここから本文です。

最終更新日: 2017年6月6日

エキストラ募集!! 映画「となりの怪物くん」

※こちらの募集は終了しました。ご協力ありがとうございました。

----------------------------

映画「となりの怪物くん」でエキストラを大募集!!
応募先は、下記の応募フォームか制作会社指定のメールアドレスへ
メールにてご応募ください。

■作品概要
原作:ろびこ「となりの怪物くん」(講談社「デザート」刊)
監督:月川 翔(「君と100回目の恋」「君の膵臓をたべたい」他)
出演:菅田将暉、土屋太鳳、他

撮影期間:2017 年5月下旬~7月上旬
撮影場所:東京近郊、富山県、他
企画・製作・配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
公開予定時期:2018 年
オフィシャルサイト:http://tona-kai.jp

<募集要項>

■募集A:通行人、小学生役
・日時:5月27日(土)8:00集合~18:30くらいまで
・集合場所:山梨市内某所(詳しい場所は当選された方にのみ連絡)
・募集:5歳~40代の男女40名
※小学生役(12歳以下)は保護者の方がご応募し、当日は付き添いをお願いします。
・駐車場:有り(無料)
・予備日:5月31日(水)
◯応募最終締切 5月24日12時
出演していただく方にのみ5月25日にメール返信いたします。


■募集D:議員風パーティ出席者、一般パーティ出席者、ホテルホールスタッフの役
・日時:6月1日(木)7:30集合~20:00くらいまで
もしくは 8:30集合~20:00、もしくは 9:00集合~20:00
※早い時間に集合できる方を優先いたします
・集合場所:山梨市内某所(詳しい場所は当選された方にのみ連絡)
・募集:20~60代男性250名、20~60代女性150名
※とくに40~50代の方大募集です!
・駐車場:有り(無料)
◯応募最終締切 5月27日12時
出演していただく方にのみ5月28日にメール返信いたします。


■応募方法

・注意事項をご理解・ご了承の上、下記応募フォームからご応募ください。

  PC・スマホ対応:http://form.os7.biz/f/33ce436e/

・事前にtonakai.movie@gmail.comからの受信の許可設定をお願いいたします。            
・応募が完了しますと自動返信メールが即時発信されます。


 ※応募フォームから応募できない場合
メールのタイトル(件名)に「となりの怪物くん」エキストラ募集 と記入し、
メール本文に
1.お名前(フリガナ) 2.年齢  3.性別  4.連絡先携帯電話番号  5. PCメール(未成年の方)  6.住所(地名までで良い)  7.参加希望シーン(※複数可)  8.当日の交通手段(※募集A,Dは山梨市駅から徒歩50分の場所になります。お車でのお越しをお勧めします)  9.希望の集合時間(募集D) 10.予備日の参加可否  11.代表者氏名(団体登録の方)※一緒に参加される方も全員上記質問にお答えください。
上記を必ずご記入の上、下記応募先へメールをお送りください。


<応募先>
制作会社名:東宝映画
担当者名:石川
メールアドレス:tonakai.movie@gmail.com

※落選の方にはご連絡いたしませんのでご了解ください。 
※メールが受け取れるように着信拒否解除をお願いいたします。

【確認及び注意事項】
■食事は当日の撮影スケジュールに準じて提供いたします。
■交通費、及び出演料の支給はありませんが、本映画のオリジナル記念品を進呈いたします。
■撮影現場での私的な写真撮影・ビデオ撮影は厳禁です。また、撮影中に見聞したことをブログ、SNS、その他あらゆる媒体で公表することも固く禁じます。万一、そのようなブログ等を発見した場合、悪質なものについては、法的な措置を取ります。 
■募集人数を超えるご応募を頂いた場合は、残念ながらお断りをさせて頂くときもございます。なお、その際の選定方法につきましては、撮影場所や年齢、性別等により、任意に決定させて頂きますので、あらかじめご了承ください。
■天候などの事情で急遽スケジュールが変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
■その他、参加決定後にお送りする注意事項をよく読んで、ご同意のうえ、ご参加下さい。
お問い合わせは上記のメールアドレス、または担当石川(070-4281-4301)までご連絡下さい。
■なお、取得した個人情報につきましては、本映画へのエキストラ出演に関するご連絡以外の目的には使用いたしません。
■この作品で撮影されたすべての映像の著作権は、この作品の権利者に帰属いたします。