文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 甲府城御案内 > 甲府城略年表

ここから本文です。

甲府城の歴史(略年表)

1582 天正10 武田家滅亡(3月)、本能寺の変(6月)
徳川家康が甲斐を領有、平岩親吉が城代となる
1590 天正18 豊臣秀吉、天下統一 家康関東へ移封
羽柴秀勝が甲府城主となる
1591 天正19 羽柴秀勝、岐阜へ移封 加藤光泰が新たな城主となる
1592 文禄 元 文禄の役 加藤光泰、朝鮮へ出兵
1593 文禄 2 加藤光泰、朝鮮の陣中にて病没 浅野長政・幸長が城主となる
1597 慶長 2 慶長の役
1598 慶長 3 豊臣秀吉、伏見城にて病没
1600 慶長 5 関ヶ原の戦い
1601 慶長 6 徳川家康の命を受け、平岩親吉が二度目の城代となる
1603 慶長 8 徳川義直(家康の九男)が城主となる(城代・平岩親吉)
1607 慶長12 徳川義直、清州へ移封(城代・平岩親吉は犬山へ移封)
城番制が設置される
1615 元和 元 大阪夏の陣(豊臣氏滅亡)
1616 元和 2 徳川忠長(2代将軍秀忠の子)が城主となる
1632  寛永 9  徳川忠長、死去 再び城番制がしかれる 
1661  寛文 元  徳川綱重(3代将軍家光の子)が城主となる 
1664  寛文 4  半世紀ぶりの大修理 
1678  延宝 6  徳川綱豊(綱重の嫡男)が城主となる 
1704  宝永 元  徳川綱豊、5代将軍綱吉の養嗣子となり江戸城西の丸へ移る
1705  宝永 2  柳沢吉保が甲斐国を受領(甲斐は大名領となる) 
1706  宝永 3  城内の曲輪修築や殿舎の造営が行われる
郡内が甲府藩預かりとなり、甲斐一円が柳沢領となる 
1724  享保 9  柳沢吉里(吉保嫡男)、大和郡山へ移封
甲府勤番の設置(甲斐一国は天領となる) 
1727  享保12  大火、甲府城内に延焼(本丸御殿、銅門など多くを焼失) 
1734  享保19  城内に盗賊侵入、御金蔵が破られる 
1854  安政 元  開国 
1866  慶応 2  勤番制を廃止し、城代を設置 
1867  慶応 3  大政奉還 
1868  慶応 4  官軍、板垣退助らが無血入城(3月)9月8日に明治と改元 
1873  明治 6  廃城 内城のみが残される 
1876  明治 9  内城全体に勧業試験場設置 
1877  明治10  鍛冶曲輪跡に葡萄酒醸造所を設置 
1897  明治30  清水曲輪跡に中央線甲府停車場を設置 
1900  明治33  楽屋曲輪跡に県立甲府中学校を設置 
1904  明治37  本丸周辺一帯を「舞鶴公園」として開放 
1906  明治39  城内にて1府9県連合共進会を開催
このとき遊亀橋ができる、また稲荷曲輪跡に機山館を新築 
1922  大正11  本丸に謝恩碑完成 
1926  大正15  (昭和元年)楽屋曲輪跡の甲府中学を移し、ここに県庁を整備 
1964  昭和39  都市公園として都市計画決定され、「舞鶴城公園」に 
1968  昭和43  県指定文化財(史跡)「甲府城跡」の指定 
1990  平成 2  舞鶴城公園整備事業に着手 
2004  平成16  稲荷櫓完成 
2007  平成19  山手御門(甲府市歴史文化公園)完成 

やまなしマイプラン

現在の登録スポット:0件

作成する

使い方を見る

  • 富士の国からおもてなし やまなし物語

山梨を楽しむ

特集コーナー

  • 静岡県と山梨県、両県のコラボ企画 フジノクニのイイトコ教えます
  • やまなし紅葉めぐり旅
  • やまなし大使「イルカさん&神部冬馬さん」が登場 勝沼・西沢渓谷の秋めぐり旅
  • 山梨発信もっとも美しき秋の訪れを探せっ!!
  • ロードバイクに乗って 秋の山中湖へ出掛けよう!
  • ワインツーリズムとは??
  • MAPでわかる! 山梨県
  • イベント情報
  • 観光パンフレット

山梨 四季の花

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

いい旅やまなしナビ 地元の自慢が詰まった手づくりの旅

お役立ち情報 

  • 交通情報
  • バスで巡る山梨の旅
  • バスコンシェルジュTOPロゴ