文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 北口本宮冨士浅間神社

ここから本文です。

北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)

エリア:富士山・富士五湖

カテゴリ:文化・歴史/神社

この神社は1900年の由緒があり、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方への遠征の折にこの地にて富士山の神霊を遥拝し「富士の神山は北方から拝せよ」と仰せになり、祠を建てて祀ったのが始まりです。
富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)がお祀りされています。
古くから富士山の遥拝地として信仰を集めていましたが、江戸時代に富士講が広まると多くの人がここより登拝し、富士山の北口(吉田口)登山道の起点として栄え、17世紀初期に富士講の寄進により整備された境内は壮観で、富士山信仰の中心であることが感じられます。
富士山世界遺産構成資産。本殿、東宮、西宮は国指定の重要文化財。
毎年8月26、27日に行われる鎮火祭(吉田の火祭り)は富士山の噴火を鎮めるお祭りで、氏子中に立てられた約80本もの巨大な松明が燃え盛る様子や、氏子中富士山の形をした御神輿など、勇壮なことで知られています。
有名な「お道開きの神事」は6月30日の開山祭で行われる行事で、富士講や登山者などで賑わい、夏の登山シーズンを迎えます。

桃山様式の荘厳な本殿

拝殿

毎年8月26.27日に行われる鎮火祭(吉田の火祭り)

お道開きの神事

鬱蒼とした参道の先には木造日本最大の「冨士山大鳥居」

緻密な彫刻で飾られた手水舎は、県指定文化財

県指定第1号の天然記念物「冨士太郎杉」

社殿の右奥には登山道の入り口があり、鳥居の先には富士講の記念碑が並ぶ

所在地

郵便番号

403-0005

住所

富士吉田市上吉田5558

交通アクセス

最寄インター

中央自動車道河口湖IC

最寄駅

富士急行線富士山駅

最寄高速バス

富士山駅

最寄バス停

浅間神社前

交通手段詳細

河口湖ICから車10分/富士吉田駅徒歩15分

駐車場

バス

10台

普通

70台

備考

無料

館内施設

トイレ 

施設一覧

検索結果が表示されます

アイコンをクリックすると地図左側に該当施設が表示されます。

お問合せ先

名称

北口本宮冨士浅間神社

名称(よみ)

きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ

電話番号

0555-22-0221

ファックス番号

0555-24-5221

メールアドレス

fuji-kitaguchi@sengenjinja.jp

URL

http://www.sengenjinja.jp(外部リンク)

営業時間

祈祷受付9時~16時30分頃(夏季延長あり)

休業日

年中無休

利用料金

個人祈祷5千円より

関連URL

ユニバーサルデザイン

乳幼児用設備  車椅子参加  介護ボランティア  AED設置 

その他(事前連絡により職員が対応します。)

 

記載されている情報は、2016年4月4日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

やまなしマイプラン

現在の登録スポット:0件

作成する

使い方を見る

  • 富士の国からおもてなし やまなし物語

山梨を楽しむ

特集コーナー

  • 静岡県と山梨県、両県のコラボ企画 フジノクニのイイトコ教えます
  • 歩いて学ぶ、発見がいっぱい!昇仙峡・こうふ 夏の旅
  • 夏の高原を120%満喫する方法 まずはセグウェイで自然散策!!
  • 富士山が当たり前にある風景の中でさらに夏を楽しむお得情報、続々紹介~!!!
  • 「富士山」世界文化遺産登録を菱丸が確認の旅ぃ~、マル
  • 夏の八ヶ岳高原2011 日本の朝がここから始まる
  • 初体験!橋本家の初キャンプ
  • 武田家と真田信繁(雪村)
  • MAPでわかる! 山梨県
  • イベント情報
  • 観光パンフレット

山梨 四季の花

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

いい旅やまなしナビ 地元の自慢が詰まった手づくりの旅

お役立ち情報 

  • 交通情報
  • バスで巡る山梨の旅
  • バスコンシェルジュTOPロゴ