富士山周辺の国立公園の楽しみ方

文字サイズ
拡大
縮小
  • English
  • 繁体中国語
  • 簡体中国語
  • 한국어
  • サイトマップ

National Parks of Mt.FUJI Area

ホーム > 富士山周辺の国立公園の魅力 > 青木ヶ原樹海の自然

ここから本文です。

青木ヶ原樹海の自然

富士山の北西麓に広がる「青木ヶ原樹海」は、今から約1200年前、西暦864年に起きた富士山の噴火(貞観大噴火)で流れた溶岩の上にできた森です。
富士山から流れた溶岩は北麓一帯を焼け野原にしましたが、溶岩はやがて冷え、その上に新しく木々が芽吹き森が再生されました。
長い長い年月を生きる森にとって1200年は瞬きする間ですから、青木ヶ原樹海は、まだまだ若い森なのです。
面積は約3,000ヘクタール、土壌の厚さは10数cmしかありませんが、ツガ、ヒノキなどの常緑針葉樹を中心にソヨゴ、アセビ、ミズナラ、フジザクラ、カエデなどの広葉樹も存在するユニークな森でもあります。
また、林床の草木やコケ植物も発達して、独特の景観をつくっています。
深い森は溶岩洞穴にすむコウモリをはじめ、ネズミやモグラなどの小動物、アカゲラやウグイスなどの鳥類、さらにオサムシなどの昆虫類など生物の格好のすみかともなっています。
青木ヶ原樹海の自然1

溶岩流の表面は凹凸が激しく土壌が少ないため、植物は溶岩の上をはうように根を広げています