八田家書院
(はったけしょいん)

エリア:石和・勝沼・西沢渓谷

カテゴリ:自然/紅葉

石和の歴史と風土をモチーフとした公園は県指定文化財の八田家書院と八田家朱印屋敷が隣接しています。
八田家書院は武田家家臣の八田氏の屋敷を徳川家康より拝領した用材にて再建築した茅葺き入り母屋造りの書院です。
秋の紅葉は10月下旬〜11月下旬に見頃を迎えます。主な樹種はカエデやケヤキで、八田家書院の建築物と見事に調和し、行楽地とは違った趣きある紅葉をお楽しみいただけます。
また、書院内には男の子用の5月の節句に使われる、オリジナルの「つるし雛」が飾られています。
春に公開されるものとしては、八田家に残されている江戸時代から昭和時代にかけての「ひな飾り」があります。
それらは毎年春に公開されています。

■見頃10月下旬~11月下旬
■主な樹種カエデ、ケヤキ

八田家書院を鮮やかに彩る紅葉

山が燃えるように赤く色づいたカエデ

風流な趣味が感じられます

パソコン版サイトでは、
周辺のバス停検索や口コミ情報をご覧頂けます。
[PCサイト]ボタンをタップすると移動します。
PCサイト