ほたるの里(万力公園)
(ほたるのさと・まんりきこうえん)

エリア:石和・勝沼・西沢渓谷

カテゴリ:自然/名水

ゲンジボタル(見頃6月中旬) 万力公園「万葉の森」は、山梨市の中心を流れる笛吹川沿いに広がる、松や雑木を生かしてつくられた約14haの都市公園です。
万葉集に詠われた植物110余種が、季節ごとに清楚な姿を見せます。
緑豊かな園内には、春の道、夏の道、秋の道、ふれあい動物広場、芝生の広場、ピクニック広場などがあり、楽しみ方はいっぱい。バーベキューのご利用は要予約。
傍らには万葉歌碑がたたずみ、皆さんを万葉の世界へと誘います。
●根津嘉一郎翁銅像根津嘉一郎翁の銅像は、公園の南端にあります。大理石造り12.54メートルの台座の上で、高さ5.4メートルの雄姿が、故郷山梨市を見おろしています。根津嘉一郎翁は、山梨市正徳寺出身。鉄道、ビール、生命保険など200余りに及ぶ会社を創設・経営し、「鉄道王」と尊称される経済界の重鎮でした。根津橋の架橋、山梨小学校の建設、県下の小学校へピアノ等寄贈など、郷土開発、文化の向上に数々の足跡を残しました。 平成20年10月には、根津嘉一郎の生家を復原し「根津記念館」として開館しました。根津翁ゆかりの芸術、文化の世界を楽しむことができます。昭和7年3月に建設された像は、第2次世界大戦中に軍の指令によりすべて拠出され、一時期は台座のみでしたが、昭和35年11月、「故根津嘉一郎翁銅像再建委員会」が現在のものを再建し、山梨市に寄贈されました。1988年の文化勲章受章者圓鍔勝三氏の鋳造によるものです。

万力公園内でのホタル

パソコン版サイトでは、
周辺のバス停検索や口コミ情報をご覧頂けます。
[PCサイト]ボタンをタップすると移動します。
PCサイト