文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 特集 > 「富士山」世界文化遺産登録を菱丸が確認の旅ぃ~、マル

ここから本文です。

「富士山」世界文化遺産登録を菱丸が確認の旅ぃ~、マル

富士山はいま世界文化遺産の登録に向け前進中。「雄大で美しい日本一の山・富士山」だけでなく、取り巻く自然、派生する信仰と施設、題材となる芸術、文化などなど、「もっと世界中にアピールしたい!」とその多くの魅力を世界文化遺産として残すことを目指しているのです。
さあ、富士山のほんとの魅力を確かめちゃいましょう。
今や絶好のタイミング、風も空気もキラキラなこの夏に!
だって、ここは涼しいし。

正面にはいつも富士山が、どど〜ん富士山が見守っている街 月江寺

武田菱丸

というわけで、今回も任務重大な観光キャラバン隊長「武田菱丸くん」とともに、訪れちゃいました。
颯爽と降りたつ富士急行線「富士山駅」。そう、駅もある富士山。スタートはこちらから。
まずは駅前から徒歩で散策です。見えますのは「金鳥居(かなどりい)」。
富士山に向かう一ノ鳥居です。むむっと見上げちゃいます。
車道にかかっているので徒歩でくぐるのはちょっと危険かも。
「富士山」の文字がかかっております。まさに入口。富士山信仰のシンボルです。

かつての宿坊、御師の家探訪(旧外川住宅)

そのまま真っ直ぐな通りを進みましょう。ちょっと風情
ある町並みになってきました。なにやらおいしそうな
匂いも漂ってきます。月江寺は、昭和の時代にタイム
スリップしたような懐かしいイメージの商店街があり
ます。店と人の距離が近い、温かな町。落ち着くなぁ。
一軒一軒のぞいちゃいます。
時間の流れもゆっくりしているような。そしてふと振り
返ると…わぁ、そこには富士山がどど〜ん! 
まさに、町を包んで見守るようにいらっしゃいました。
あらためて金鳥居を正面から見上げると、そこにも、
富士山がどど〜ん。鳥居の向こうには富士山が。
まさにまさに入り口です。まもられてるなぁ…と自然
に感じる。
これはひょっとして富士山信仰?

駅前に戻りました。富士山世界文化遺産を知るために「富士山世界文化遺産金鳥居インフォメーションセンター」を訪ねます。ここで、その構成資産と構成要素を教えていただきました。菱丸くぅん、ちゃんとメモったかな、勉強勉強。わたしはパンフレットを片っ端からいただいて、次のコース、考えちゃいます。

インフォメーションセンター

 

インフォメーションセンターから富士山に向かって歩け歩け。上吉田地区の通りには「御師(おし)の家」という宿坊が軒を連ねていました。御師とは神職の資格を持つ人で、その住宅に道者とよばれる富士山に登る人たちを迎え入れ、食事や宿泊の世話しました。関東一円から多く人が訪れ賑わったといいます。いまも一般住宅としてその家々が残っています。「御師住宅(旧外川家住宅)」(9:30〜17:00/火曜休館〈7・8月は無休〉/大人100円・小中高生50円・TEL0555-22-1101)は構成資産でもあり見学ができます。


御師住宅はタツミチと呼ばれる、表通りから屋敷までの細長い引き込み路も特徴のひとつ。建物も奥行き長〜い造りになっています。磨き上げられた広い縁側も魅力的。ここに座ってゆっくりお茶を味わいたいな。最盛期には家族の部屋も全て開放し、布団を敷き詰めて接待したのだそうです。

いまも30数軒の建物が見られますが、そのうち宿泊可能なのは2軒だけ。あとは一般のお宅ですので、むやみにのぞき込むようなことは御法度ですぞ。

かなり、町になじんできました私たち。でもね、もうお昼。ここはぜひとも「吉田のうどん」だよね。さっきいただいたパンフレットより厳選。「美也樹(外部リンク)」(11:00〜14:00/日・祝休)さんへGOです。ご存じの通り吉田のうどんは売り切り終いでお昼だけ。やっぱり必死に行かなくちゃだわ。GO!GO!

今回「冷やしたぬき」ゲットです。この手強い程のコシが魅力。腹持ちもいいので、ぜひお試しあれ。



武田菱丸さて、お腹もイイ感じになりました。では、そろそろ富士山登山、ですか。
「きいてないマル〜」
と明らかに困惑表情だけど、菱丸くん。観光→富士山ときたら→登山でしょう!! 
さ、行くよ行くよ!

 



やっぱり富士山は登らなきゃねそれも0号目から始めるのがツウでしょ、菱丸くん


焦りと困惑の菱丸くんをお連れしたのは…登山口。ここは吉田登山口の始点「北口本宮冨士浅間神社(外部リンク)」です! 
鳥居に張られた注連縄を切るお導開きがあって山開きと相成るわけです。どう、まさに0合目でしょ。
ささ、行きましょう。その先です。どんどん行こう真っ直ぐ行こう。おお、「中の茶屋」です(約4km)。
そこを進むと「馬返(うまがえし)」ですぅ。わぁ、やったもうすぐ1合目だよ、菱丸くん。

夏に冷風ひえひえ 胎内樹型で涼しく自然満喫 

「マル〜っ……」
ちょっと休憩しますか。金剛杖、ほしかったよねえ。
 唐突な富士登山、ご苦労さま。よくやった。
山梨からの近くの登山入口はこの他「精進湖口」
もあります。
0から始めるほんもの・本格登山が話題です。
Let’s Challenge! 
足・腰に、効いてくるぜぃ。

構成資産・構成要素、侮れません。続いて「船津胎内樹型」
へと行ってみよう。これは富士山噴火による溶岩のながれ
によって作り出された洞穴です。入口は社で祀られおりま
す。人体の中のような文様が見えてきました(あばら骨?)
…が、狭いっ。あ、菱丸くん、詰まっちゃいました!! 
頭大きいもんね。大丈夫? 涼しいのに冷や汗が。
ではわたしがかわってGOです。母の胎内、父の胎内と
まわっております。うん、涼しいよう。
太い樹木が燃え尽きてできたというまん丸な洞穴が見え
てます。イテッ、やはり頭上はご注意ください。ふ〜っ。
では森の中、トレイルコースに行きましょう。おお、ここも
あちこち洞穴入り口が。冷風の吹き出し口になってます。
あちこちから涼しい風が噴いてくる。なんてさわやかな
ウォーキングなんだろう。気持ちいいです。
なお、ネイチャー・ガイドウォークは予約で専属のガイドを
お願いできます。
河口湖フィールドセンター(外部リンク)/1時間15名まで4000円等/
電話番号0555-72-4331)

さすがに、今日は歩け歩けでお疲れさま。では、風情あるお店で晩ご飯にしますか。「」は、広々開けはなられた2階に陣取り
まして、さぁガンガン召し上がれ。風が通る店内、ヴォリューム感一杯の豊富なメニューがうれしいお店です。う〜んアルコール
頼みたいなぁ。菱丸くんは?

「肉もやしニンニク炒め〜マル」

はいはい、がっつりいってください。
富士登山1合目おつかれさま〜。
乾杯。ジュースでね。
御師住宅の「筒屋」さんは、今でも個人で宿泊が可能です。
道者となって富士登山を味わうのもいいですね。

ここはアクティブにマリンスポーツ 本栖にはカヤックがよく似合う

千円札を握りしめ「本栖湖パノラマ台(外部リンク)」へとやってきました。そう、「千円札にある美しい富士」の姿は、ここから見た富士山です。
うう〜ん、そうカンタンには見られないとは思いましたが、やはり。でも、ちらちらと見え隠れする富士山。
大好きな人を盗み見するみたいでドキドキします。晴れてくれ〜。

武田菱丸さて、気を取り直し、「みのぶ観光センター」(TEL0556-42-2005)さんに尋ねて
本栖湖いこいの森キャンプ場(外部リンク)」(TEL0556-38-0559)を訪れました。
ここでは、カヌーやシュノーケリングなどのウォータースポーツやトレッキングなどの
アクティビティが楽しめます。

本日、菱丸くんが「カヤック体験」しま〜す。ぱちぱちぱち。泳げたっけ菱丸くん。
「み、水なんか、こ・こわくないマルっ」











本日、菱丸くんが「カヤック体験」しま〜す。ぱちぱちぱち。泳げたっけ菱丸くん。
「み、水なんか、こ・こわくないマルっ」
うふ、昨日から本格的アクティブ続きの菱丸くんです。まずは申込に記入してライフジャケット装着。陸上でのセイフティトーク
とパドリング講習から。さ、いいかな。ダブルパドルで本栖湖へGOですぞ、菱丸くん。がんばれー。イイ感じです。
トレーナーさんとの息も合ってきました。いーぞいーぞ。

ここでは、今年から新たに「スタンドアップ・パドル・サーフィン」が楽しめるようになります。パドルを持ったサーフィンは、ゆっくり
水と戯れて水上散歩ができる新感覚スポーツ。立って波に乗り、腹這いでパドリングしたり、インナーマッスルが鍛えられる注目
スポーツです。
ここでだけ味わえる新名物 「富士まぶし」に挑戦だ!

いやいや、菱丸くんは水と戯れるのはちょっと、色々な事情があって試せないんです、
あしからず。でも、カヤックは抜群の上達振り。褒められてましたよ。
「やっぱりかっこいいんだよね、マルは〜」〈超笑顔マル〉
はいはい、ではお昼ご飯にしましょう。
本栖湖畔にある「松風」さん(7:00〜日没/TEL0555-87-2501)
にはとびきりメニューがあると聞きましたぞ。
お腹空いたぞ、GOGOGO!

「ふ・じ・ま・ぶ・し〜ぃ、マルっ」
はい、そのとおり。「富士まぶし」(要予約)は地元有志が集まり
富士山麓んめぇ〜もん倶楽部の名でプロデュースした新名物。
地元産、富士山の伏流水で育った鱒を炊き込みご飯にしてい
ます。5店舗で味わうことができます。ただし付け合わせなどの
味の工夫が各店あります。ここ松風さんではボリューム一杯、
カラリと揚がったニジマスがのったご飯が運ばれてきました。
かぐわしい香りが食欲をかき立てます。これは二人前です
(念のため)。山椒、みょうが、じゃこ、行者ニンニクが付け合わ
せてきました。ではしゃもじでまぶしますぅ。まずは半分、この
まま盛りつけつけあわせともに。ふはぁ。頭もしっぽもからりと
揚がり全部食べられます。わしわしとすすみます。
あとの半分は出汁をかけてお茶漬けのようにかき込みます。
もうウソのように入ってします。うまい。ごちそうさまでした! 
富士まぶしは何れのお店も要予約です。ご注意ください。


富士山はいつもでっかくそこにいて そしてなかなか全身はみられないものなんだ

もういちど、本栖の千円札富士を確認するも、
またちょびっとしか会えずです。
町中でふと顔を上げるとでっかくそこにいる
のに、またこなくちゃ。
まだ全部の構成資産を確認してないし、
登山は1合目だったし。
すぐ次がありそうだね、菱丸くん。
富士まぶしおいしかったね。じゃ……

武田菱丸「もっと食べられるマルよ」
とかわいく迫られてしまいました。では、ビックなハンバーガーでおなじみの
「ムースヒルズバーガー」でお茶しましょう。
え、 「ハンバーガーは食べないとだめマル」ですと。
はいはい、じゃお茶とハンバーガーへGO GO GOだぁ!

やまなしマイプラン

現在の登録スポット:0件

作成する

使い方を見る

  • 富士の国からおもてなし やまなし物語

山梨を楽しむ

特集コーナー

  • 静岡県と山梨県、両県のコラボ企画 フジノクニのイイトコ教えます
  • やまなし紅葉めぐり旅
  • やまなし大使「イルカさん&神部冬馬さん」が登場 勝沼・西沢渓谷の秋めぐり旅
  • 山梨発信もっとも美しき秋の訪れを探せっ!!
  • ロードバイクに乗って 秋の山中湖へ出掛けよう!
  • ワインツーリズムとは??
  • MAPでわかる! 山梨県
  • イベント情報
  • 観光パンフレット

山梨 四季の花

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

いい旅やまなしナビ 地元の自慢が詰まった手づくりの旅

お役立ち情報 

  • 交通情報
  • バスで巡る山梨の旅
  • バスコンシェルジュTOPロゴ