文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 多言語対訳表

ここから本文です。

「多言語対応の改善・強化に関するモデル事業」実施報告書

多言語対応の改善・強化に向けては、平成26年3月に観光庁において、美術館・博物館、自然公園、観光地、道路、公共交通機関など幅広い分野で共通する「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)が策定されました。

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000102.html

 その成果等を基に当該地域での自立的・継続的な受入環境の整備及び他地域への活用・普及を促進するため、平成26年度、観光庁において、訪日外国人旅行者受入環境水準を向上させていくことを目的とし、地域における多言語表記の統一性や連続性を確保した「多言語対応の改善・強化に関するモデル事業」が実施されました。

 モデル地域として、山梨県・静岡県(富士山エリア)選定され、世界文化遺産「富士山」をはじめとする地域の固有名詞について、両県で共通する対訳集(英語・中国語・韓国語)を策定しました。

 当モデル事業報告書のほか、対訳リストを掲載しますので、パンフレットやマップ等を作成する際の参考としてください。

報告書

対訳表(富士山エリア)

 

お問合せ

山梨県観光部観光企画・ブランド推進課
〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055-223-1556
ファックス番号:055-223-1574
メールアドレス:kankou-k@pref.yamanashi.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。