文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 【NEW】第46回信玄公祭りオフィシャルツアー「信玄公ゆかりの地めぐりと特別観覧席で観る甲州軍団出陣式」※好評予約受付中

ここから本文です。

【NEW】第46回信玄公祭りオフィシャルツアー「信玄公ゆかりの地めぐりと特別観覧席で観る甲州軍団出陣式」※好評予約受付中

エリア:甲府・昇仙峡

カテゴリ:学ぶ・訪ねるツアー/募集中ツアー

募集型企画旅行

出陣式(陣内信玄公)

桜の花が咲き誇る4月、甲府盆地には「風林火山」の旗がはためき、いっきに戦国時代にタイムスリップします。
信玄公の命日4月12日を中心に山梨県内の各地では、その遺徳を偲ぶさまざまな信玄公の祭りが行われます。
その中でも「信玄公祭り」は例年、命日(4/12)の前の金~日曜に盛大に開催され、土曜日の夕方からは、県内各地から1,500名の軍勢が舞鶴城公園に集結し、川中島に向け出陣する様子を再現します。

その規模は、ギネス記録にも認定されました!
燃え盛るかがり火のもと、信玄公と武田二十四将が執り行う出陣の儀式・三献の儀や「風」「林」「火」「山」の各軍団の出陣へと、華麗ななかにも勇ましい一大戦国絵巻が繰広げられます。(雨天決行)

ツアー予約カレンダー

ツアー詳細

★★第46回 信玄公祭りオフィシャルツアー★★

 9:00 JR塩山駅北口「武田信玄公像前」集合
  ・
 9:10 甘草屋敷
  ・   ※甲州民家の座敷で吊るし雛・雛壇は豪華絢爛
  ↓   
10:10 恵林寺
  ・   ※信玄公の菩提寺として元徳2(1330)年、開創した
  ・   ※宝物館には、武田氏縁の品々が展示されています
  ・   ※国指定名勝の庭園は、池泉回遊式庭園で夢窓国師
  ・    の代表作として有名
  ・   ◆昼食<信玄館で名物のほうとう御膳>
  ↓
13:05 武田神社
  ・   ※武田氏3代、60余年の館跡
  ・   ※当日は、信玄公本陣隊の戦勝祈願式を見学
  ↓ 
14:00 円光院
  ・   ※武田信玄公正室・三条夫人の菩提寺
  ・   ※「陣中守御本尊の御開帳」
  ↓
15:00 山梨中銀 金融資料館
  ・   ※武田氏の幣制:甲州金の実物をはじめ、日本の
  ・   貨幣制度の歴史をたどる
  ↓   
15:50 JR甲府駅 到着予定
   
☆ツアーはJR甲府駅到着時に終了となります。
 観覧席の予約券、説明はバスの中でお知らせ致します。

出陣式

昨年、第45回信玄公祭り「出陣式」の様子

信玄公役(三遊亭小遊三氏)

【第46回信玄公祭り 武田信玄公役】
落語家 『三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ)氏』

山本勘助役(林家三平氏)

【第46回信玄公祭り 山本勘助役】
落語家 『林家 三平(はやしや さんぺい)氏』

特別ゲスト(林家木久扇氏)

【小遊三氏本人からのメッセージ】
第46回信玄公祭りで武田信玄公を務めさせていただくことになりました。信玄公は甲斐の国の英雄ですが、もう少しで天下を獲ることができたほどの強さで全国にその名を轟かせました。今回、山梨県出身の私が演じさせていただくことで、武田信玄公を山梨の手に取り戻したという、とても嬉しい気持ちでおります。
  本番では小遊三なりの信玄公を演じられるよう、今からじっくり役作りを考えてゆきたいと考えております。4月8日に皆様とお会いできることを楽しみにしております。

【第46回信玄公祭り 特別ゲスト】
落語家 『林家 木久扇(はやしや きくおう)氏』

甘草屋敷外観

【旧高野家住宅「甘草屋敷」(甲州市重文)】
旧高野家住宅は、江戸時代後期の民家と屋敷構えをそのまま歴史公園として活用している。当家は八代将軍吉宗の時代に薬用植物の甘草(カンゾウ)を栽培して幕府に納めていたことから「甘草屋敷」と呼ばれている。茅葺き(現在は銅板葺き)、切妻造の屋根の中央部には二段の突き上げ屋根が設けられているのが大きな特徴。 

甘草屋敷のひな飾り

【甘草屋敷のひな飾り】
毎年2月11日~4月18日の間、えんざん桃源郷「ひな飾りと桃の花まつり」が甘草屋敷を中心に開催されます。江戸時代の「享保雛」や、大正から昭和中期のひな人形をはじめ、地域に伝承されてきた品々、甲州市らしさをイメージしたつるし飾りなど約1000体を展示しています。

恵林寺 三門

【恵林寺】
武田信玄公の菩提寺
4月12日は信玄公忌。 国指定名勝の恵林寺庭園(夢窓国師築庭)や県指定文化財の木造夢窓国師坐像、武田不動尊坐像、武田信玄公の墓、柳沢吉保の墓などがある。 また宝物館には武田信玄所用の兜・軍配団扇、風林火山で有名な孫子の旗など多数の武田氏に関する文化財を所蔵している。夢窓国師の代表的な庭園でお抹茶を味わうことが出来る。

恵林寺 宝物館

【歴史博物館信玄公宝物館】
当館は昭和44年4月4日に山梨県内では初めての歴史博物館として開館しました。常設展では信玄公所用の遺品である国指定の重文「来国長」の太刀、同じく「備州長船倫光」の短刀、また信玄が陣中で礼拝仏としたとの伝承を秘める天竺(インド)伝来の青銅製「釈迦苦行座像」をはじめ、「軍配団扇」や「当世具足」、「甲冑」などの工芸品のほか、絵画では信玄筆とされる「渡唐天神画像」や「武田信玄軍陣影」「快川和尚画像」「武田24将画像」、さらに歴史資料として「孫子の旗(風林火山の旗)」など400点以上が常時、階上階下にずらりと展示されています。
 当館の建築には東京タワーを設計した建築構造学者の内藤多仲(1886~1970)がたずさわり、信玄公の宝物を展示するにふさわしい、風格をかもし出しています。宝物を閲覧すると同時に、外観や館内も合わせてご覧ください。

戦勝祈願式

【信玄公本陣隊の戦勝祈願式】
上の写真は、昨年の武田神社での戦勝祈願式の様子。

円光院 陣中守御本尊

【円光院】信玄公の陣中守本尊の御開帳(刀八毘沙門天・勝軍地蔵尊)

信玄公が軍陣の守本尊として城内毘沙門堂に安置したものです。右が刀八毘沙門天で、三面十臂(じゅっぴ)獅子に乗っています。左が勝軍地蔵尊で、錫杖(しゃくじょう)を持って白馬に乗り、鎧の上に二十五条の袈裟(通常は七条)を掛けています。
毎年12月31日に御開帳されていますが、今年は「信玄公祭り」にあわせて御開帳されます。

催行日

平成29年4月8日(土)

旅行代金・料金(ダイジェスト)

大人(中学生以上)1名様 9,800円、小学生1名様9,300円

旅行代金・料金

募集人員

40名
※小学生以上限定となります

最少催行人員

20名

支払方法

※ネットからのお申込みは、クレジットカード決済のみのお取扱いになります。
※電話からのお申込みは、7日以内に指定の銀行口座に旅行代金全額振込みの取扱いになります。
【指定先銀行】
 山梨中央銀行 県庁支店
 普通口座 670860
 口座名義 (公社)やまなし観光推進機構

取扱会社

【旅行企画・実施】(公社)やまなし観光推進機構

約款

旅行業登録・各種約款(外部リンク)

取消料

【旅行開始日の前日から起算して】
1)11日前まで・・無料
2)10日前まで・・旅行代金の20%
3)7日前まで・・旅行代金の30%
4)旅行開始の前日まで・・旅行代金の40%
5)旅行開始当日・・旅行代金の50%
6)旅行開始後の解除又は無連絡による不参加・・旅行代金の100%

料金について

事前準備について

スケジュール

その他

ツアー予約カレンダー ご希望の日付をクリックしてください。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

※表中の料金はおとな1名様分の料金です。(単位:円)
※◎:在庫あり ○:在庫僅か ×:在庫なし △:リクエスト申込み(問合せの結果在庫が無い場合もございます)

お問合せ先

名称

公益社団法人やまなし観光推進機構/富士の国やまなし旅センター

電話番号

055-231-2230

ファックス番号

055-221-3040