サイクリング

  • サイクリング コース紹介

ホーム > サイクリング > サイクリングコース紹介 > 構成資産を巡るコース

ここから本文です。

スポーツ/サイクリング コース紹介

構成資産を巡るコース

富士山を信仰し登拝する冨士講の宿坊・案内を兼ねた「御師の家」や、富士山の神様として知られる「木花開耶姫命」(このはなさくやひめ)を祀っている神社など、世界文化遺産・富士山の精神に触れることができるスポットを巡るコース。アップダウンが少なく初心者にもおすすめです。神社と森の中、湖の上と変化に富んだ景色を楽しみながら走ることができます。

ここに注目

3つの浅間神社を巡り、世界文化遺産としての富士山の精神に出会うことができます。

攻略ポイント

スタートしてしばらくはアップダウンのない道が続きます。冨士御室浅間神社を過ぎ、乳ヶ崎北交差点から船津胎内樹型の6kmの間の200mほどの標高差が、最大の登り坂です。

コース案内

[スタート/ゴール]スタートは県立富士北麓駐車場です。

[1][2]御師の街並を抜け金鳥居をくぐり、河口湖のほとりを走って河口浅間神社へ向かいます。

[3][4]河口湖大橋を渡り、冨士御室浅間神社へ行きます。

[5]船津口登山道を南へ下り、船津胎内樹型へ。

[6]吉田口登山道を北へ上り、北口本宮冨士浅間神社へ寄って県立富士北麓駐車場へ戻り、ゴール。

コース情報

難易度 2 標高差 301m
走行距離 約36km 勾配

アクセス

スタート 県立富士北麓駐車場
ゴール 県立富士北麓駐車場
駐車場

富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-84(東富士五湖道路富士吉田IC東側)

車でのアクセス 東京方面から
【中央自動車道を利用の場合】中央自動車道「八王子」IC~中央自動車道「河口湖」ICから約5分
【東名高速を利用の場合】東名高速「東京」IC~「御殿場」IC~一般道~東富士五湖道路「須走」IC~「富士吉田」ICからすぐ 

名古屋方面から
東名高速「名古屋」IC~「御殿場」IC~一般道~東富士五湖道路「須走」IC~「富士吉田」ICからすぐ 

静岡方面から
東名高速「富士」ICまたは新東名高速「新富士」IC~国道139号線で約1時間30分
電車でのアクセス JR中央本線「大月」駅乗り換え、富士急行「富士山」駅下車、一般道を自走で約25分

ルートマップ

近隣のスポットを探す

アイコンをクリックすると該当施設が表示されます。

目的別で見る

アクセス方法別で見る

施設一覧

該当する情報はありません

PAGE TOP