観光情報検索

ここから本文です。

第19回「富士まで歩る講」参加者募集

カテゴリ:トピックス

かつて、江戸時代から明治を最盛期として関東一円から多くの人びとが富士山へ巡礼し、参詣登山をしたと伝わります。この人びとの心に思いを馳せ、甲州街道の起点である東京日本橋から冨士山登山道の起点である富士吉田市まで約120キロの行程を5日間かけて歩きます。
道中では富士信仰にゆかりのある名所旧跡に立ち寄り、歴史を感じながら富士山を目指します。富士山の開山前日の6月30日に北口本宮冨士浅間神社に到着し、この旅は終わりを迎えます。神社では富士山「御道開き」の儀式に参加して、夏山登山シーズンの開幕に花を添えます。 富士山世界文化遺産登録5周年の礎ともなった信仰文化を自らもって体験し、新しい何かを見つけてみませんか。

【お知らせ】
締め切り日を延長しました。
お早めにお申し込みください。


詳しくは、ふじよしだ観光振興サービスのHPをご覧ください。

富士まで歩る講

お問合せ先

名称

ふじよしだ観光振興サービス

電話番号

0555-21-1000

URL

ふじよしだ観光振興サービス(外部リンク)

記載されている情報は、2018年11月28日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

ホーム > 第19回「富士まで歩る講」参加者募集

ページの先頭へ戻る