観光情報検索

ここから本文です。

三分一湧水 昭和の名水百選(さんぶいちゆうすい しょうわのめいすいひゃくせん)

三分一湧水は、戦国時代の頃、農業用水を三つの村に等配分するために設置されたと伝えられる湧水で、JR小海線甲斐小泉駅から徒歩5分で訪れることができます。 八ヶ岳の懐からこんこんと湧き出る三分一湧水は、豊かな自然の恵みのシンボルであると共に、古くから村人たちが大切な水を分かち合ってきた、人間の知恵のシンボルでもあります。 1985年には環境庁選定の「日本名水百選」に指定されました。 水量/1日8500トン 水温/11度

カテゴリ

文化・歴史

収録場所

山梨県北杜市長坂町

収録時期

著作権の所有

やまなし観光推進機構

記載されている情報は、2018年11月28日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

ホーム > 富士の国インターネットTV > 三分一湧水 昭和の名水百選

ページの先頭へ戻る