ここから本文です。

甲州印伝(こうしゅういんでん)

エリア:甲府・昇仙峡

カテゴリ特産品/工芸

甲州印伝1

甲州印伝2

甲州印伝3

甲州印伝4

印伝は古くから甲州(山梨県)に伝えられた革工芸品です。
その名の由来は印度伝来によるといわれています。
甲州印伝は鹿革に漆で模様を描く独特の伝統技法です。
この漆付は型紙を使用し古典柄の小桜・菖蒲・青海波など多彩な模様が特色です。
巾着(きんちゃく)、胴巻き、萸(たばこ)入れなど身の回りの品から発達した小物は、今では印鑑入、小銭入、がま口、財布などだけでなく、ショルダーバッグ、手提げバッグ、ボストンバッグまで作られています。

基本情報

住所

甲府市川田町アリア201(印伝屋)

お問合せ先

名称

甲府印伝商工業協同組合

電話番号

055-220-1660

関連情報

記載されている情報は、2021年6月8日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

この記事をシェア

ホーム > 甲州印伝