観光情報検索

ここから本文です。

清酒 「甲斐の開運」醸造元 井出醸造店(せいしゅ かいのかいうんじょうぞうもといでじょうぞうてん)

エリア:富士山・富士五湖

カテゴリ特産品取扱店/地酒

タグ蔵開きで日本酒を味わう

創業江戸末期、清酒「甲斐の開運」醸造元 井出醸造店です。

蔵の中にある売り場「酒望子」のきき酒コーナー。

酒蔵見学の様子です。

町の指定有形文化財、井出本家四脚門。

大きなタンクが整然と並んでいました。

麹を作る作業です。

表通りに面しているお酒の売り場。

酒蔵からも富士山が!

気温はマイナス、寒い中での米洗いです。

昔の造りの座敷です。

「甲斐の開運」といえば、富士山のお水で仕込んだお酒。富士山の麓で飲み続けられて来たお酒です。
造っているのは創業が江戸中期の井出醸造店。
おすすめのお酒は、東京国税局の酒類鑑評会にて入賞した大吟醸の「甲斐の開運」はもちろん、搾ったその日に瓶詰めをして出荷する「しぼりたて生原酒」、日本酒に梅をつけた「梅酒」、富士河口湖町のおとなり、富士吉田市で育てられた酒米をつかった「雪解流」など。
変わり種では酒粕スイーツ「酒粕ぶらん・まんじぇ」です。やんわりとした食感、クリーミーな甘さ、酒粕の香り。ぜひ一度挑戦を。
もっと地元で喜ばれるお酒を!という思いから、富士五湖の誇りとなる酒造りを心がけています。
2010年からは、酒蔵見学を始めました。
以前はお酒造りの環境を維持するため、蔵に人を受け入れることは避けていたのですが、臨場感を高めるために酒造りの音や香りも知ってほしいという考えから方針を変えられたとのこと。
貴重な機会です。要事前予約で、ホームページ内に予約できる場所がありますので、そちらからお願いします。酒造期は11月から翌3月となります。作業の都合上、一部ご覧いただけない場合もございます。酒造期以外は写真で説明いたします。
蔵の中には「酒望子(さかぼうし)」という売り場も誕生。きき酒もできますよ。
河口湖畔から歩いて行ける距離。そしてさらに興味のある方は、蔵の奥にある庭や座敷見学も可能です。

基本情報

郵便番号

401-0301

住所

南都留郡 富士河口湖町船津8

アクセス

河口湖ICから車で10分/河口湖駅から徒歩で10分

駐車場

バス:2台

普通:5台

備考

無料
バスは、湖畔県営駐車場を利用してください。

施設一覧

検索結果が表示されます

アイコンをクリックすると地図左側に該当施設が表示されます。

施設情報

営業/開館時間

酒望子:9時00分〜18時00分

定休日/休業日

不定休(HPにて事前の予約をお願いします)

ユニバーサルデザイン

補助犬受入  車椅子スロープ  車椅子参加  階段の手すり 

その他(補助犬といらっしゃる場合は、通常コースを変更した内容での案内となります。)

館内施設

トイレ

お問合せ先

名称

井出醸造店

電話番号

0555-72-0006

ホームページ

井出醸造店(外部リンク)

その他情報

オリジナルラベルの作成体験ができます。お酒代金(通常は1188円)をお支払いいただくのみでその他はサービスです。所要時間は30分程で事前の予約が必要です。
テイスティングもありますので、未成年の方、運転者は見学のみとなります。

記載されている情報は、2020年2月6日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

今が旬のオススメ情報

Recommend

井出醸造店タグ

蔵開きで日本酒を味わう

数十年のときを経て富士山の麓へ湧き出した清らかな水を使い、標高850mという河口湖南岸の寒冷地で江戸末期から清酒を作っているお店。蔵開きイベントは毎年2月に開催しています。

この記事をシェア

ホーム > 清酒 「甲斐の開運」醸造元 井出醸造店

現在地ナビ TOP