観光情報検索

ここから本文です。

第4回「古代米でもちつき大会」(山梨県立考古博物館)

カテゴリ:トピックス

風土記の丘・曽根丘陵公園では新年恒例のイベント「古代米でもちつき大会」を開催いたします。

第4回「古代米でもちつき大会」

1月15日は小正月。かつては豊作を祈願して、農業や養蚕に関連したさまざまな行事が各地で行われていました。今でもおもちで繭玉(まゆだま)をつくってどんど焼きで焼いて食べるのは、そのころの名残りです。また、14日まで赤い色をした食べ物は食べてはいけないという地方もあります。

今回のイベントでは小正月行事として、赤い色をした古代米を古代の竪杵(たてぎね)でつくもちつきを体験していただき、古代米入りのおもちやおしるこを召し上がっていただきます。小正月は風土記の丘で楽しく豊作をお祈りしませんか。皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください!

大勢の皆様のご来場をお待ちしています!

詳しくは、山梨県曽根丘陵公園のホームページ、または県立考古博物館のホームページをご覧ください。


■日時
2019年1月14日(月曜日)
午前11時30分~午後1時
試食の配布は、午前11時40分ころより開始いたします。
試食の配布はおもちがなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

■会場
山梨県曽根丘陵公園
山梨県甲府市下向山町1271
TEL 055-266-5854

古代のもちつき2019

お問合せ先

名称

山梨県曽根丘陵公園事務所

名称(よみ)

やまなしけんそねきゅうりょうこうえんじむしょ

電話番号

055-266-5854

URL

イベントページ(外部リンク)

記載されている情報は、2019年2月20日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

ホーム > 第4回「古代米でもちつき大会」(山梨県立考古博物館)

ページの先頭へ戻る