観光情報検索

ここから本文です。

西嶋和紙まつり(にしじまわしまつり)

エリア:富士川流域・南アルプス

西嶋和紙の発祥は今から約450年程前の戦国時代にまでさかのぼります。
望月清兵衛という名の身延町西嶋出身の人物が、武田信玄より命を受け、駿河国(静岡県の伊豆市)修善寺に和紙技術の習得に行きました。
望月清兵衛は見事三椏を材料とした紙を漉く技術を持ち帰り、その技術で漉いた紙を武田信玄に献上したところ、信玄は大層喜び、清兵衛を紙役人に任命し、その証として“西未”の印を下賜されました。
そんな伝統と歴史の特産品「西嶋和紙」の紙漉製法をアレンジした紙漉き体験ができるなかとみ和紙の里で、西嶋和紙まつりが開催されます。

高校生による書道パフォーマンス、西嶋和紙絵手紙展の展示や特設ステージでのパフォーマンスなど、催し物が盛り沢山です。

秋の和紙の里にぜひお越しください!

■日 時:平成30年10月21日(日)

■会 場:なかとみ和紙の里

■駐車場:なかとみ和紙の里駐車場をご利用ください。

和紙まつり

和紙まつり2

所在地

住所

南巨摩郡 身延町西嶋345なかとみ和紙の里ふれあい広場

交通アクセス

最寄インター

中部横断自動車道 増穂ICから約30分 新東名新清水ICから約70分

最寄駅

JR身延線 甲斐岩間駅からタクシー 約5分

館内施設

トイレ 

お問合せ先

名称

身延町商工会

名称(よみ)

みのぶちょうしょうこうかい

電話番号

0556-62-1103

開催期間

2018年10月21日

 

記載されている情報は、2018年11月28日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。