• サイトマップ
  • English

特別協賛

【第49回ご協賛企業・団体様(順不同)】

協賛

【第48回ご協賛企業・団体様(順不同)】

ここから本文です。

法善寺

「法善寺」とは

 法善寺は大同元年(806)に建立された由緒ある古刹であり、鎌倉時代、甲斐源氏の加賀美遠光の時、孫の遠経が遠光の館跡であった現在地に移し、再興したといわれ、その頃より武田氏の氏神である韮崎市武田八幡神社の別当として神社の庶務を務めた。
 戦国時代には、武田氏が戦をする際に、勝利祈願をする寺院の一つであった。
 法善寺には、信玄が西上する間、越後の上杉軍が武田の領国へ兵を動かさないことを願った祈願文が残されている。
 信玄は文才にも優れ、法善寺には永禄二年(1559)、武田晴信(信玄)直筆の和歌百首が納められた。しかし文化八年(1811)の庫裡の火災によって焼けてしまうが、焼ける直前に書き写された写本があり、文政三年(1820)年に刊行された木版本を見ることができる。

アクセス

電車

JR身延線東花輪駅から4.6km

車・バス

JR身延線東花輪駅から車で16分

問い合わせ先

名称

法善寺

電話番号

055-282-1693

FAX番号

 

URL