• サイトマップ
  • English

特別協賛

【第48回ご協賛企業・団体様(順不同)】

協賛

【第48回ご協賛企業・団体様(順不同)】

ここから本文です。

岩殿城跡

「岩殿城跡」とは

 岩殿城は岩殿山の山頂に築かれた中世の山城です。築城時期・城主については明らかになっていませんが、「一ノ堀」、「二ノ堀」、「本城」、「馬場」などの地名が残されており、山城の遺構も比較的良好に残されています。岩殿城を中心として、北側、東側に砦群が展開しており、岩殿城は、甲斐国東方防備の拠点施設として機能していたと考えられています。               
  また、武田勝頼が最期に目指した城としても有名で、武田氏の滅亡へとつながる山城ですが、地元では、大勢の敵軍に追われた武田氏の入城を領主小山田氏が拒否したことにより、戦火から当地域が守られたとして語り継がれています。

アクセス

電車

JR中央本線大月駅より登山口まで徒歩で約20分

登山口より岩殿城跡まで徒歩で約60分

車・バス

中央自動車道大月ICより車で約10分
登山口より岩殿城跡まで徒歩で約60分

問い合わせ先

名称

大月市役所産業観光課

電話番号

0554-20-1829

FAX番号

0554-20-1533

URL

http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/(外部リンク)