• サイトマップ
  • English

特別協賛

【第49回ご協賛企業・団体様(順不同)】

協賛

【第48回ご協賛企業・団体様(順不同)】

ここから本文です。

永昌院

永昌院

「永昌院」とは

 永昌院は武田信玄の曽祖父である信昌の菩提寺です。武田氏とのつながりが深く、信玄の子勝頼が戦陣で使用したと伝わる銅鍾(県指定文化財)や信昌の墓があり、春になると富士山を正面に境内の桜と盆地の桃の花の競演を楽しむことができます。
 武田氏と永昌院の歴代住持は深く結びついていました。とくに永昌院六世の謙室大益は武田氏の出身と伝わっており、信玄からあつい信頼を寄せられていました。
 甲陽軍鑑によると、長尾景虎(上杉謙信)が越中・能登方面へ軍を動かすとの知らせを受けた際に、信玄(当時は晴信)は山本勘助の献策にしたがい、偵察のために家臣を派遣し、その案内人として謙室を同行させています。また信玄が領国内の宗教統制を行った際、690箇寺ともいわれる甲斐国内の曹洞宗寺院の統轄を信玄から任されたのも謙室で、それを示す古文書が残されています。

永昌院の桜は4月上旬
桃は3月末~4月上旬

アクセス

電車

JR中央線山梨市駅からタクシーで10分

車・バス

中央道一宮御坂ICから20分

問い合わせ先

名称

永昌院

電話番号

0553-22-2179

FAX番号

0553-22-2107

URL

http://www.eishouin.jp/(外部リンク)