山高神代桜
(やまたかじんだいさくら)

エリア:清里・小淵沢・韮崎

カテゴリ:花/さくら

日本三大桜の一つである山高神代桜。
武川町山高の実相寺境内にあり、野生のエドヒガンザクラで、推定樹齢は1800年とも2000年とも言われ、その風格には驚かされます。
樹高10.3m、目通り幹周10mほどもあり、日本で最古・最大の巨樹として、大正時代に日本最初の国指定天然記念物となりました。伝説では、神話の武将日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の折に植えたと言われ、名前の由来になってるのだとか。
また13世紀ごろ、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれています。
「新日本名木百選」にも選定されており、満開の頃に並ぶ出店では、地元の味に一息つきながらゆったりと観賞することができます。

見頃:4月上旬

風格を感じさせるその姿

生命力に驚かされます

押し寄せる桜の波

パソコン版サイトでは、
周辺のバス停検索や口コミ情報をご覧頂けます。
[PCサイト]ボタンをタップすると移動します。
PCサイト