観光情報検索

ここから本文です。

feature

ポールラッシュ2019-04

更新日:2019年7月29日

清里開拓の歴史を知る!「ポール・ラッシュ記念館」と「清泉寮」

清里を代表する観光スポット「清泉寮」。
清泉寮といえば広大な自然から望む美しい景色と美味しいソフトクリームで有名ですが、ここは戦後の日本の復興と山間部・農村の復興に生涯を捧げたポール・ラッシュ博士によって開拓が進められてきた場所でもあります。

「清泉寮」の名前は、八ヶ岳南麓にある「清里」と「大泉」という地名からそれぞれ一文字ずつとり、英語に訳すと「pure springs」となることから、その名をポール・ラッシュ博士が気に入ってつけられたとか。

その「清泉寮」の裏側から森の中を通り200mほど進んでいくと、そこに「清里開拓の父」「アメリカンフットボールの父」として知られるポール・ラッシュ博士の記念館があります。

 

日本を愛し、その生涯を日本の復興のために捧げたポール・ラッシュ博士。

「ポール・ラッシュ記念館」では氏の生涯を垣間見ることが出来ます。

ポールラッシュ2019-02

 

ポールラッシュ2019-03

 

 

ポールラッシュ2019-05

 

ポールラッシュ2019-06

 

「DO YOUR BEST, AND IT MUST BE FIRST CLASS」

この言葉は、ポール・ラッシュ博士が座右の銘として生涯大切にしてきた言葉です。

記念館の入り口には、ポール・ラッシュ博士の写真と共に、この言葉が掲げられています。

 

ポールラッシュ2019-07

(画像提供:清泉寮/公益財団法人キープ協会)

▲一流を目指すには、一番のものが見えなければならない。

「清泉寮」は青少年のリーダーシップトレーニングキャンプです。ナンバーワンのリーダーを育成する場として清里を選んだのも、ここから日本一の富士山を眺められるからだとか。

 

ポール・ラッシュ博士は、米国インディアナ州で生まれ、ケンタッキー州で育ちました。

1925年、関東大震災で東京と横浜のYMCA(キリスト教青年会)が打撃を受け、その再建のために初来日しました。

 

時勢は太平洋戦争へと移り、一時は米国に帰国していた時期もありましたが、GHQ将校として日本の復興のために再度来日をします。

そして日本の復興のためには、山間部の開拓と農村の復興が先決と考え、この八ヶ岳山麓で新たな事業を始めます。

清里のような標高の高い地域は、お米が作れないとても厳しい所です。

戦後、食糧難の時代は、清里のような高冷地では木の皮を食べて飢えを凌いだとも言われています。

そのような高冷地が潤えば、日本は潤うと考えたポール・ラッシュは、清里で酪農を発展させ、高冷地でも育つ野菜を作るためのモデル農園をこの清里に作りました。

それが今の「キープ協会」です。 

ポールラッシュ2019-08

 

ポールラッシュ2019-09

 

 

ポールラッシュ2019-10

 

ポールラッシュ2019-11

 

▲記念館では、当時ポール・ラッシュ博士が実際に使用していたスーツケースや所持品、清里教育実験計画(キープ)の資金の献金を求めたアメリカへの多くの書簡や吉田茂首相、マッカーサー元帥、実業家・ロックフェラーなど親しかった知人との写真や手紙、自筆の自伝、講演会の生原稿などが展示されています。

ポールラッシュ2019-12 

▲そして、記念館の裏側には、実際にポール・ラッシュ博士が生前暮らしていた建物も公開されています。 

ポールラッシュ2019-13

 

ポールラッシュ2019-14

 

▲博士が使っていた書斎には、多くの感謝状が飾られており、生前博士が清里の開拓や日本の復興に大きく貢献してきたことが伺い知れます。 

ポールラッシュ2019-15

 

ポールラッシュ2019-16

 

▲博士が使っていた寝室も見ることが出来ます。あまり自分のものにはお金をかけなかったという博士の寝室は、比較的こじんまりとした部屋ではありますが、この寝室の窓からは晴れた日には富士山がきれいに見えるそうです。

ポールラッシュ2019-17

 

ポールラッシュ2019-18

 

▲また寝室には地元の子供たちが博士の誕生日に送った絵や折り鶴が飾られていました。 

晩年は、地元の子供たちにも愛され、みんなのおじいちゃんのような存在だったと言います。

 

ポールラッシュ2019-19

左側が清里、右側がケンタッキー州

▲生涯を日本の復興と清里の発展のために捧げてきたポール・ラッシュ博士。

記念館の中に、博士が育ったケンタッキー州と清里の写真が飾られていました。

 

博士は懐かしい故郷の景色を思い浮かべながら、日本のためにこの清里を開拓してきたのだと思います。

 

そんな清里の歴史を知ったうえで、もう一度清里を見てみると、また違う発見があるかもしれません。

清里にお越しの際は、是非一度「ポール・ラッシュ記念館」に立ち寄ってみてください。

そして、そのあとは、日本一美味しいソフトクリームを忘れずに!! 

ポールラッシュ2019-20

 

ポールラッシュ2019-21

 

ポール・ラッシュ記念館 日本アメリカンフットボールの殿堂

公益財団法人キープ協会

〒408-0301 山梨県北杜市高根町清里3545

TEL:0551-48-5330 

https://www.seisenryo.jp/spot_paulrusch1.html(外部リンク)

 

開館時間 :10:00~17:00(最終入館午後4時30分)

休館日:無休 (11月~3月は水・木曜休館)

入館料:大人 500円 小中学生 200円(清泉寮内の他施設ご利用レシート提示で半額)

割引対象 20名様以上は団体割引あり。

アクセス:清里駅から清里ピクニックバスで5分。「清泉寮」で下車。

     バス停から徒歩5分

     https://www.kiyosato.gr.jp/sougou/bus.html(外部リンク)

     

 

学芸員の案内付きミュージアムツアー

より詳しくポール・ラッシュ博士の半生を知りたい方にはこのツアーをお勧めいたします。

 

最少催行人数10名様

時間:30分~90分(ご希望に応じて)

料金:入館料+200円/人

要予約

 

この記事をシェア

ホーム > 清里開拓の歴史を知る!「ポール・ラッシュ記念館」と「清泉寮」

現在地ナビ TOP