ホーム > モデルコース > 峡東地域コース(芦川地区)

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

峡東地域コース(芦川地区)

芦川の味と歴史を満喫!ほうとう作りと集落散策

山梨県の東部に位置する笛吹市の芦川地区は、昔ながらの風景が広がるのどかなまち。そこで息づく昔ながらの暮らしが訪れた方々をお迎えします。
そんな芦川地区で自慢の手打ち麺のほうとう作りに挑戦したり、のんびりと散策を楽しんで、ゆったりとした時間を過ごしてみてください。

中央自動車道 一宮・御坂IC

車 約10分

兜作り家屋の集落散策

所要時間: 約1時間

上芦川集落は、日本の原風景が「今も生きている」集落です。
その集落をガイドさんの説明を受けながら巡ることができます。
集落案内のガイド説明は「おごっそう家」にて事前にご相談ください。
芦川の源流域に広がる日本すずらんの群生地や兜造りの古民家、石垣など日本の原風景が生きている地域でリアルな田舎を体験できます。

芦川農産物地直売所「おごっそう家」

所要時間: 約30分

山と渓流に囲まれた標高約1000mに位置する小さな町の農産物直売所。「おごっそう」とは甲州弁で「ごちそう」のことで、その名のとおり、地域でとれた新鮮野菜や果物、手作りの加工品などがずらりと並んでいます。なかでも人気なのが、地元のおかあちゃんたち自慢の手作りのお惣菜!コロッケや太巻き寿司などはすぐに売り切れるほどです。
集落案内ガイドをご希望の方は事前にこちらでご相談ください。

おごっそう家
笛吹市芦川町上芦川679−1
電話番号:055-298-2820

車 3分

「おてんぐさん」でほうとう作り

所要時間: 約1時間半~2時間

武田信玄公の陣中食として知られる郷土料理「ほうとう」
季節の野菜をどっさり入れて、幅広の手打ち麺を味噌仕立てに煮込んでいます。
おてんぐさんでは山梨県名物のほうとう作りを、地元のお母さんたちが親切ていねいに指導してくれます。自分で作った手打ちの麺の味わいは格別!採れたての野菜や山のきのこがたっぷり入った味噌味のほうとうは、心も体もあったまります。
田舎の原風景が広がる芦川の風情あふれる古民家もごちそうです。

おてんぐさん
住所: 〒409-3702
笛吹市芦川町新井原1955
電話番号:055-298-2833