観光情報検索

ここから本文です。

山中明神例大祭安産まつり

カテゴリ:トピックス

古来から、関東屈指の子授け・安産の御利益があると言われる「安産祭り」は、毎年9月の4日~6日にかけて行われます。
山中諏訪神社は、別名山中明神とも呼ばれ、豊玉姫を祭神とする安産守護の神様。夜祭のみこしをかついだ氏子の女性には、安産が約束されると言われており、古くから妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に知られています。本殿から御旅所へ向かい再び本殿に戻ったみこしが、「もうそろ、もうそろ」と御神歌を唱えながら境内をねり歩く様は圧巻。御神木を3回廻れば祭りも最高潮です。


9月4日  ヨイマツリ(宵祭り)
9月5日  ホンビ(本日、本祭り、例祭当日)

◎御輿は五日の日のうちに本殿に安置されなければならない。安置すると、御輿を担いでいたオテンマの人々は湖に走り、湖水に浸かって「禊ぎ」をする

9月6日  アトマツリ(後祭り)

山中明神安産祭り

お問合せ先

名称

山中諏訪神社

名称(よみ)

やまなかすわじんじゃ

電話番号

0555-62-3952

URL

山中諏訪神社(外部リンク)

関連URL

記載されている情報は、2019年5月7日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

この記事をシェア

ホーム > 山中明神例大祭安産まつり

現在地ナビ TOP