ホーム > サイクリング > サイクリングコース紹介 > 2020年東京オリンピックロードレースのコース

ここから本文です。

スポーツ/サイクリング コース紹介

2020年東京オリンピックロードレースのコース

オリンピックコース_パノラマ台

コースランクは、上級者向き。2020年東京オリンピックロードレースの選定コース(男子)で、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県をまたぎます。ここでは、山梨県内のコースを詳しく紹介します。
武蔵野の森公園のスタート(注)から51kmで道志みちに突入し、そこから山伏トンネルまでの40kmはほぼ登りとなります。山伏トンネルを抜け山中湖まで来れば、雄大な富士が目の前に!
都市部から山村風景、富士北麓の素晴らしい景色まで、雄大な地形の変化を楽しめます。
(注)武蔵野の森公園から約10kmはパレード走行区間となり、是政橋がリアルスタート地点となります。
※災害復旧のため、相模原市緑区青山の交差点から山梨県境までの区間は現在通行できません。

ここに注目

写真:サイクリングコースの一部

長い登りがつづく道志みち最大の難関”山伏峠”を抜けた先が山中湖。湖の北側から見える富士山は圧巻です。道志みち沿いには温泉施設もあるので、体力回復と心のリフレッシュを!最大勾配20%を超える三国峠からの下りでは、富士山と山中湖を一望できます。

攻略ポイント

道志みち
山伏峠に近づくにつれ斜度がきつくなります。道志みち前半で体力を失わないように!
籠坂峠
籠坂峠は2度走行します。2回目のラスト20km内で通過するときのためにコースの確認をしながら登りきり、長い下り坂でのスピードに注意してください。
三国峠
距離は6.7kmと長くないですが平均勾配11.1%と非常にきつく、途中の「ドーナツ区間」(路面がドーナツ状の模様になっている区間)では20%を超えるところもあります。本番では、間違いなく、有力選手が勝負をかけるポイントと言われています。三国峠の頂点にたどり着いた先には、富士山と湖を眺められる絶景スポットがありますので、それを目指して登り切ってください。

コース案内

写真:武蔵の森公園

[スタート]武蔵の森公園
東京都府中市の武蔵の森公園をスタートし、府中の大國魂神社の境内を抜け、多摩川にかかる是政橋を渡ります。その後、南多摩尾根幹線道路を経て、道志みちへと入っていきます。

写真:大渡(おわた)の水汲み場

[1]大渡(おわた)の水汲み場
神奈川県と山梨県の県境の両国橋を少し過ぎたところにあります。たくさんのポリタンクを用意して、湧き水を汲みに来ている人がいます。サイクルラック有。

写真:道志村立道志中学校

[2]道志村立道志中学校 近く
川と並行して走れます。長く続く登り坂中でほっと一息つけるポイント。

写真:山伏トンネル

[3]山伏トンネル
緩やかに長く続く道志みちの最後の難関。

写真:平野交差点

[4]平野 交差点
平野交差点を右折し、山中湖畔の北側に向かいます。

写真:長池親水公園

[5]長池親水公園 ビューポイント
目の前に湖が広がり、富士山を真正面に見ることができる絶景スポット。長い道志みちの後に見る富士山は最高です。長池親水公園はサイクリングコース沿いにあり、サイクルラック、トイレも完備。

写真:旭日丘交差点

[6]旭日丘 交差点
旭日丘交差点を右折し、籠坂峠に向かいます。

写真:籠坂峠看板

[7]籠坂峠
籠坂峠を経て、御殿場市、裾野市へと向かいます。南富士エバーグリーンラインを登り、富士山麓の国道152号線「富士山スカイライン」を下り、富士スピードウェイを2周したのち、最後の難所、三国峠に向かいます。
※「南富士エバーグリーンライン」は有料道路のため、自転車で走ることは出来ません。

写真:三国峠頂上を過ぎたところ

[8]三国峠 頂上を過ぎたところ  ビューポイント
静岡県側から三国峠にはいり、頂上を過ぎたところにビュースポットがあります。富士山と山中湖が一望できる絶景スポット。ヘアピンカーブが続くコースなのでライン取りとスピードに注意!
そのまま下り、山中湖湖畔に出たところを左折。旭日丘交差点を左折し籠坂峠に向かいます。

写真:富士スピードウェイ

[ゴール]富士スピードウェイ
最新の国際レーシングコースが設置されている国際サーキット。静岡側からの富士山が見えます。

ルートマップのルートの色分け:ピンク→黒→青

コース情報

難易度 5 標高差 1,451m
走行距離 約234km 勾配

アクセス

スタート 武蔵の森公園
ゴール 富士スピードウェイ
電車でのアクセス 西武多摩川線「多磨」駅より自走2分

ルートマップ

PAGE TOP