本文へジャンプします。

English

HOME > 撮影で使われたロケ地紹介

  • HOME
  • ロケーション一覧
  • 撮影で使われたロケ地紹介
  • 富士の国やまなし フィルム・コミッションとは
  • やまなしロケについてのQ&A
  • ロケ支援依頼
  • オンエア予定日
  • 関連機関・リンク集
  • ご意見・ご要望・お問合せ

県民参加

  • エキストラ募集
  • 撮影協力企業・団体募集

ここから本文です。

最終更新日: 2017年5月25日

撮影で使われたロケ地紹介

やまなしロケ地ガイド

~山梨県内で撮影された作品のロケ地をご紹介!~
ロケ地をめぐれば、あなたも物語の主人公になれるかも・・・

ロケ地場所をクリックすると地図サイトが開きます。

★★★ 主な作品のロケ地の一覧を地図で確認できます。 (外部リンク)
⇒作品ごとのロケ地を見たい場合は、画面左にある作品名のチェックボックスに
 見たい作品にのみチェックを入れて下さい。(他の作品のチェックは外して下さい) 

 

TVCM「誰ガ為のアルケミスト」 「物文章語」篇、「誰角真理」篇(2017年5月25日から放送)

スマホゲームアプリ「誰ガ為のアルケミスト」コラボイベントTVCM。 
三浦貴大さん主演の「物文章語(ものふみしょうご)」篇、武田玲奈さん主演の「誰角真理(たれかどまり)」篇の撮影が笛吹市石和町のテアトル石和全面協力のもと行われました。

ロケ地

タガタメCM1

タガタメCM2


出演:三浦貴大、武田玲奈

コラボイベント特設サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 映画「RANMARU 神の舌を持つ男」(2016年12月3日公開)

TBS金曜ドラマ『神の舌を持つ男』の劇場版。【秘湯】で事件解決!今世紀最大?の温泉ギャグミステリー!!

ロケ地

神の舌を持つ男_赤石温泉1
「赤石温泉」
露天風呂も宿も手づくりの秘湯の一軒宿

神の舌を持つ男_赤石温泉2

赤石温泉の露天風呂での撮影風景

神の舌を持つ男_杉浦醫院1

「杉浦醫院」
地方病の研究と治療に生涯をかけた医師・杉浦父子の業績を伝える郷土資料館

神の舌を持つ男_杉浦醫院2

杉浦醫院内にて撮影が行われました

神の舌を持つ男_養老酒造1

「養老酒造」
山梨市にある造り酒屋。築200年の古民家の屋根裏を利用した素敵なカフェも併設されている。

神の舌を持つ男_養老酒造2

酒蔵での撮影シーン


出演:向井理、木村文乃、佐藤二朗 ほか
映画「RANMARU 神の舌を持つ男」公式HP(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 NHK「ブラタモリ」(2016年10月15日~29日放送)

タモリさんが山梨にやってくる!青木ヶ原樹海、忍野八海など、3回に渡り放送されます!!

■#50 富士の樹海(2016年10月15日放送)  / #51 樹海の神秘(2016年10月22日放送)

人生で初めて樹海に足を踏み入れたタモリさんが、知られざるその正体と驚くべき真実を2回にわたって徹底的に探ります。

■#52 富士山麓(2016年10月29日放送)

富士山最大の玄関口(富士吉田市)に秘められた謎を解き明かします。

◆NHK総合 夜7時30分~8時15分放送予定

ロケ地

  • 青木ヶ原樹海
  • 忍野八海 ほか
#50 富士の樹海/ #51 樹海の神秘 撮影風景

 

 ブラタモリ(#50,51)-2

 

#52 富士山麓 撮影風景

 


出演:タモリ、近江友里恵アナウンサー ほか

番組ホームページ(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

TVCM au「雷おこし」篇(2016年8月8日公開)

auのTVCM「三太郎」シリーズ。笛吹市・県立八代射撃場にて撮影が行われました。

ロケ地

aucm_雷おこし編1

aucm_雷おこし編2


出演:松田翔太、桐谷健太、濱田岳、菅田将暉、前野朋哉

au TVCM(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

映画「64」(前編 2016年5月7日(土)公開 | 後編 2016年6月11日(土)公開)

横山秀夫原作の同名小説を映画化した2部作。

ロケ地

64_1

南アルプス市上今諏訪工業団地内での撮影

64_2

地元の劇用車を扱っている会社の方の手により、空き地が廃車置き場に。 

64_3

釜無川の土手

 64_4

釜無川河川敷

64_5

山梨県庁本館(左側の建物)がD県警の設定で登場。

64_6

山梨県庁本館ロビー
外観とロビー、階段、特別会議室にて撮影が行われました。

64_7

甲府中心街(仲見世)

64_8

甲府銀座通りで交通安全パレードのシーン
甲府商業高校吹奏楽部、ボーイスカウト甲府6団の皆さんなど、地元の方々にもエキストラ出演していただきました!

監督:瀬々敬久
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、緒方直人、仲村トオル、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

WOWOW ドラマW「この街の命に」(2016年4月2日放送)

ある街の行政組織である「動物愛護センター」を舞台に、そこで殺処分される犬や猫たちの命を救おうと踏み出した職員たちの葛藤と再生を描いたヒューマン・ドラマ。
山梨県動物愛護指導センターの協力の元、撮影された本作。
山梨県内各地で撮影が行われ、多くの県民の皆様にご協力をいただきました。

ロケ地

この街の命に_ロケ風景1
山梨県動物愛護指導センターでの撮影

この街の命に_ロケ風景2
甲府市遊亀公園附属動物園での撮影

この街の命に_ロケ風景3
笛吹市八代町奈良原地区での撮影

この街の命に_ロケ風景4
笛吹市八代町奈良原地区での撮影 
県内様々な場所で撮影が行われました。

監督:緒方 明
脚本:青木研次
出演:加瀬亮、戸田恵梨香、田中裕子 ほか

ドラマ公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「無伴奏」(2016年3月26日公開)

『太陽の坐る場所』などの矢崎仁司監督が直木賞作家・小池真理子の半自伝的小説を若手実力派キャストの共演で映画化。学生運動華やかなりし1969年の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店で2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験して大人の女性に成長してゆく。山梨県内でロケが行われました。

ロケ地

無伴奏ロケ風景1
甲府市内での撮影風景

無伴奏ロケ風景2
甲府市内での撮影風景

監督:矢崎仁司

出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工 ほか

映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

NHK「真田丸」(2016年1月10日~放送)

武田家の家臣であった真田家。ゆかりの地・新府城跡など山梨県内でもロケが行われました。

ロケ地

  • 信玄棒道 ほか

真田丸1
高台から城下町を眺めるシーン

真田丸2
新府城跡にある新府藤武神社への参道の石段に石灯籠を設置している様子

真田丸3

武田勝頼が織田勢に攻められ新府城を焼き捨て、小山田信茂の居城である岩殿城に向かう道中

真田丸4

真田一族が敵に囲まれ戦うシーン

真田丸5

笹子峠の関のシーン

真田丸6

美術セットで関所が作られました。


出演:堺雅人、大泉洋、長澤まさみ ほか
NHK大河ドラマ「真田丸」公式ホームページ(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「劇場霊」(2015年11月21日公開)

『女優霊』から20年―新たなる恐怖の幕が開く映画『劇場霊』
11月21日(土)全国ロードショー
山梨県内でロケが行われました。

ロケ地

劇場霊01
ますほ文化ホールでの撮影風景

劇場霊02

監督:中田秀雄

出演:島崎遥香、足立梨花

映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「青鬼 ver.2.0」(2015年7月4日公開)

大人気ホラーゲーム映画化 シリーズ第二弾!
新世代キャストが集結し、前作とは異なる『新章』として、バージョンアップした本作。
山梨県内の様々場所でロケが行われました。

ロケ地

青鬼ver02
雁坂トンネル内での撮影

青鬼ver02_2

 

青鬼ver02_3
笛吹市内の図書館での撮影

青鬼ver02_4
甲府市内での撮影 様々な場所で撮影が行われました。

監督:前川英章

出演:中川大志、平祐奈、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐

映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「龍三と七人の子分たち」(2015年4月25日公開)

北野武監督最新作。「金無し、先無し、怖いモノなし!ジジイが最高!!」
新たなヒーローが誕生する!これが日本の未来だ!

ロケ地

  • 甲斐市 

龍三と七人の子分たち_1

龍三と七人の子分たち_2

龍三と七人の子分たち_3

 

 

(C)2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会

監督:北野武
出演:藤竜也、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「ソロモンの偽証」( 前篇・事件 2015年3月7日 | 後篇・裁判 2015年4月11日公開)

べストセラー作家・宮部みゆき氏が、構想15年、執筆に9年を費やした、現代ミステリーの最高傑作と謳われている小説を、日本アカデミー賞ほか、主要映画賞を30冠受賞した成島出監督(甲府市出身)が完全映画化。
演じるのは、1万人にも及ぶ候補者の中からオーディションで選び抜かれた新鋭33人!!
<前篇・事件>2015年3月7日(土) 全国ロードショー
<後篇・裁判>2015年4月11日(土) 全国ロードショー

ロケ地

ソロモンの偽証1

大月短期大学附属高校にて雪のシーン

  ソロモンの偽証2

9月の撮影だったため、雪はボランティアの方にも手伝っていただき飾り込みました。
写真は、揺れを制御するジャイロ付き工業用クレーンでの撮影の様子。

 

ソロモンの偽証3

大月市内の中学生を中心に、山梨県内の
高校生もエキストラ出演

ソロモンの偽証4

大月市内の中学校のバスケ部、バレー部のみなさんにも協力していただきました。

 

ソロモンの偽証5

鳴沢村消防団の方々にもエキストラ出演していただきました。

ソロモンの偽証6

迫力ある放水シーン

 

ソロモンの偽証7

成島監督の話に真剣に耳を傾ける笛吹市立石和中学校・吹奏楽部のみなさん

 

 

 

 

監督:成島 出
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、
佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、小日向文世、尾野真千子 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

 

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「まほろ駅前狂騒曲」(2014年10月18日公開)

まほろ市の市民病院として登場!

ロケ地

まほろ駅前狂騒曲1

アイメッセ山梨
まほろ市民病院の外観として撮影

まほろ駅前狂騒曲2

大雪の影響が残るなかでのロケ。
大勢のエキストラさんにもご協力いただきました。

監督:大森立嗣
出演:瑛太、松田龍平 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 

映画「太陽の坐る場所」(2014年9月27日公開)

笛吹市出身の直木賞作家・辻村深月さんの同名小説を富士川町在住の矢崎仁司監督が映画化。
主題歌は「レミオロメン」の藤巻亮太さん(笛吹市出身)が担当。山梨の才能が結集した作品です!!

★★★ ロケ地の一覧を地図で確認できます。(外部リンク)
⇒作品ごとのロケ地を見たい場合は、画面左にある作品名のチェックボックスに
 見たい作品にのみチェックを入れて下さい。(他の作品のチェックは外して下さい)

ロケ地

太陽の坐る場所1

鰍沢中学校 体育館
響子と今日子が対峙する重要なシーンなどが撮影された。

太陽の坐る場所2

増穂中学校 
山梨県立藤見高校として登場

太陽の坐る場所3 

ますほ文化ホール
キョウコが出演する舞台の稽古シーン

太陽の坐る場所4 

レストラン チリンドロ
都内で開かれたクラス会の会場

太陽の坐る場所5 

山梨県立図書館(3F サイレントルーム)
由希が働くアパレル会社

 

 太陽の坐る場所6

山梨県県民会館
島津の勤務先「山梨中央銀行」東京支店の裏口の設定。ここでも「雨降らし」が行われた。

監督:矢崎仁司
出演:水川あさみ、木村文乃、三浦貴大、森カンナ、鶴見辰吾 ほか

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

 NHK 連続テレビ小説「花子とアン」 (2014年3月31日(月)~9月27日(土)全156回放送)

「赤毛のアン」の翻訳者であり、山梨県甲府市出身、村岡花子さんの半生記。
山梨でも地元の方々のご協力を得てロケが行われました。

★★★ ロケ地の一覧を地図で確認できます。(外部リンク)
⇒作品ごとのロケ地を見たい場合は、画面左にある作品名のチェックボックスに
 見たい作品にのみチェックを入れて下さい。(他の作品のチェックは外して下さい)

ロケ地

花子とアン1 

花子の生家 
撮影当時は、甲府市上帯那町内にオープンセットが建てられました。(現在は、韮崎市へ移設)

 花子とアン2

石垣が美しい田んぼの中に、茅葺きのオープンセット。県内の職人さんに茅をふいていただきました。

花子とアン3

教会の設定でロケが行われたのは、
韮崎市民俗資料館上の韮崎宿豪商の蔵座敷。
見学可能。詳細は次のページをご覧ください。
韮崎市観光協会(外部リンク)

 花子とアン4

はなと朝市が教会に忍び込むシーン。

花子とアン5

たわわに実った甲州ぶどう畑
はなが川へ水汲みに行く途中に通る道の設定など。サントリー登美の丘ワイナリーさんのぶどう畑で撮影させていただきました。
サントリー登美の丘ワイナリー ホームページ(外部リンク)

 花子とアン9

八坂大神社
はなの父・吉平が、社会主義運動について熱弁をふるうシーン

花子とアン7

立正寺
教会に忍び込んだ はなと朝市が、逃げる途中で
池に落ちたシーン
休息山立正寺(外部リンク)

花子とアン8

敷地内に5m四方くらいの小さな池を作らせていただきました。

花子とアン6

山梨県立八ヶ岳少年自然の家
オープニングの最後で、花子が帽子を拾うシーン

花子とアン10

花子の生家(オープンセット)の現在
韮崎市民族資料館に隣接する韮崎市営髙松公園内にあります。詳細は次のページをご覧ください。
韮崎市観光協会(外部リンク)


出演: 吉高由里子、鈴木亮平、 室井滋、伊原剛志、窪田正孝、仲間由紀恵 ほか

映画「もらとりあむタマ子」(2014年2月8日公開)

オール山梨ロケ作品です!

ロケ地

もらとりあむタマ子1

甲府スポーツ
タマ子の実家の設定。実在する店舗をそのままお借りして撮影。

もらとりあむタマ子2

山梨県立宝石美術専門学校
タマ子が参加したアクセサリー教室の設定。専門学校の先生にアクセサリー作りでも協力して頂いた。

監督:山下敦弘
出演:前田敦子 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

映画「麦子さんと」(2013年12月21日公開)

ロケ地

麦子さんと1

長松寺にて夜祭りのシーン

麦子さんと2

富士吉田市 月江寺商店街

監督:吉田恵輔
出演:堀北真希、松田龍平、温水洋一、余貴美子、麻生祐未 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★本作品は、映画全体の7割を都留市フィルムコミッションの全面協力のもと、都留市内で撮影が
行われました。都留市内のロケ地など詳細は下記サイトをご覧ください!

★富士吉田市の観光情報についてはコチラ。

映画「図書館戦争」(2013年4月27日公開)

ロケ地

図書館戦争1

旧山梨県立図書館にて(2012年6月に閉館)
日野図書館の設定。

図書館戦争2

旧山梨県立図書館は、新設された図書館へ引越し作業中だったため、美術部が約5万冊の本を運び込んだ。

図書館戦争4

襲撃されて紙吹雪が舞うシーン
紙吹雪が大量に必要だったため、エキストラの方々も紙をちぎって手伝った。

 図書館戦争3

現・山梨県立図書館(地下書庫)
武蔵野第一図書館の書庫の設定。開館前の作業の合間に撮影が行われた。

監督:佐藤信介
出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰 ほか
映画公式サイト(外部リンク)

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

映画「ツナグ」(2012年10月公開)

ロケ地

ツナグ1 

演劇部の発表会のシーン

ツナグ2

原作者 笛吹市出身の直木賞作家・辻村深月さんの後輩に当たる山梨学院高校の1、2年生約200人もエキストラ出演。

監督:平川雄一朗
出演:松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲 ほか

★ロケ地周辺の観光情報については、南部町- 観光情報(外部リンク)をご覧ください。 

映画「愛と誠」(2012年6月16日公開)

ロケ地

  • 旧山梨県立山梨園芸高校
  • 旧アポロハイパーボウル(笛吹市) 

愛と誠1 

旧山梨園芸高校が新宿の「花園実業高校」の設定に!地元高校生にもエキストラ出演していただきました。

 愛と誠2

教室内は美術の方が飾り込んで荒れた感じに

愛と誠3

校舎屋上での決闘シーン

愛と誠4

石和にあった旧アポロハイパーボウル

監督:三池崇史
出演: 妻夫木聡、武井咲 ほか

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

映画「日輪の遺産」(2011年8月27日公開)

ロケ地

日輪の遺産1 

日輪の遺産2

監督:佐々部清
出演:堺雅人、中村獅童 ほか

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

映画「サウダーヂ」(2011年公開)

ロケ地

 サウダーヂ1

かすがも~る

 サウダーヂ2

ホテルグランヴェルジュ甲府にて

監督:富田克也
出演:鷹野毅、田我流(stillichimiya)ほか

★ロケ地周辺の観光情報については、以下のホームページをご覧ください。

過去のロケ地紹介

 

ページの先頭へ戻る