文字サイズ
拡大
標準
縮小
  • 交通情報
  • ライブラリ

ホーム > 出井絹江農園⑩番

ここから本文です。

出井絹江農園⑩番(でいきぬえのうえん10.ばん)

エリア:甲府・昇仙峡

カテゴリ:フルーツ狩り/いちご

【安全・安心】
・土壌消毒をしていません。
リスク 収穫量が減ったり、病害虫が発生しやすくなると考えられています。
・除草剤を使いません。
リスク 草取りが大変です。だいたい途中で挫折しています。
・肥料も使いません(基本的に無肥料です)。
リスク 収穫量が減ったり、病害虫が発生しやすくなると考えられています。
・農薬は一切使用しません。(育苗期を含め栽培全期間)
リスク 病害虫を防除するのが難しいです。→商品果率が下がり、収益が低下します。
【おいしさの追求】
・電解イオン水生成機を使い、イチゴに吸収しやすい水で育てています。
リスク 高かったです。
・太陽の光がよく当たるように、植付け間隔を広くしています。
リスク 収穫量が減るかも知れません。(減らないかも・・・希望的観測ですが。)
・土作りを第一と考え、微生物による地力増進の為の施肥を実施しています。
リスク 微生物なだけに小さすぎて、ちゃんと働いてくれているのかわかりません。(休んでるんじゃないの?)
【環境への配慮】
・温室効果ガス発生の原因となる窒素肥料削減の為、無肥料栽培に挑戦中。
リスク 収穫量が減るというか・・・、収穫できるのか?(助けてー!)
・地球温暖化防止のため、暖房温度を低く設定しています。
リスク 益々収穫量が減ります。(こうなると、もうヤケクソだな。)
【備考】
全体的に見て良くわかるのは、「儲かりそうにない」という事でしょうか・・・。
収穫量を増やすことに関しては、諦めました。
経費削減か売上げUPを考えないと、やっていけなくなりそうな気がしています。
(植付け本数を半分にして、価格を2倍にしようかと密かに検討中/by管理人)
(苺狩りに来てみたら、ハウスで玉ねぎを栽培してた・・・、観光玉ねぎ狩り・・・無理があるな。)
↑ 冗談のつもりがホントになってしまった・・・・、今年はハウスの一部でミニトマトを栽培してます。
ちなみに「トマト狩り」はやってません。

以上、行けるとこまで行ってみよう。

出井絹江農園_1

「10」番を目印にお越しください!

出井絹江農園_2

看板犬のコロとポチがお出迎えしてくれます。

出井農園_3

苗から実をつけ皆さんのお口に入るまで、すべての工程において無農薬は全国でもここだけ!とても貴重なのですよ!!

出井農園_4

ここでは安心で他とは違った愛の苺に出会えます。

出井農園_5

出井農園_6

所在地

郵便番号

400-0841

住所

甲府市小曲町1277

交通アクセス

最寄インター

甲府南IC

最寄駅

JR甲府南駅

交通手段詳細

インターから5分
駅から車17分

駐車場

普通

10台

館内施設

トイレ 

体験メニュー

有り

体験メニュー 備考

フルーツ狩り
【いちご】
品種:紅ほっぺ他
30分食べ放題

雨天でも楽しめる

施設一覧

検索結果が表示されます

アイコンをクリックすると地図左側に該当施設が表示されます。

お問合せ先

名称

出井絹江農園10.番

名称(よみ)

でいきぬえのうえん10.ばん

電話番号

090-3148-9871

ファックス番号

055-241-2803

メールアドレス

出井絹江農園

URL

出井絹江農園⑩番(外部リンク)

営業日

ほぼ毎日

営業時間

午前10時~いちご次第。

休業日

不定休

ユニバーサルデザイン

補助犬受入 

 

記載されている情報は、2017年2月8日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

やまなしマイプラン

現在の登録スポット:0件

作成する

使い方を見る

  • 富士の国からおもてなし やまなし物語

山梨を楽しむ

特集コーナー

  • ゆるキャン△ アニメで登場した山梨県内のモデル地をご紹介!
  • 冬の身延へ行こう 宿坊に泊まって修行する旅に出掛けよう
  • 冬の「赤沢宿」と心もほかほか温泉めぐり
  • 手作りほうとう体験と棚田の風景
  • 甲斐の国歴史ロマンの入り口はほっこり温泉から始まるのだ
  • 静岡県と山梨県、両県のコラボ企画 フジノクニのイイトコ教えます
  • MAPでわかる! 山梨県
  • イベント情報
  • 観光パンフレット

山梨 四季の花

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

いい旅やまなしナビ 地元の自慢が詰まった手づくりの旅

お役立ち情報 

  • 交通情報
  • バスで巡る山梨の旅
  • バスコンシェルジュTOPロゴ