観光情報検索

ここから本文です。

大泉寺(だいせんじ)

エリア:甲府・昇仙峡

カテゴリ文化・歴史/寺院, 文化・歴史/文化財

武田信玄の父であり、戦国武将としても名高く、「甲斐の国の府中」という意味から「甲府」と名付けたのが武田信虎です。
乱国となっていた甲斐を統一し、甲府の城下町を開創するなど画期的な政策を推し進め、戦国大名・武田氏の基盤を築いたほどの人物でありながら、後に、親子不仲説などの理由によって信玄の手により駿河へ追放されました。
1574年(天正2年)3月5日に信濃高遠(現在の長野県伊那市高遠町)で死去。
葬儀は信虎自身が創建した大泉寺で行われ、遺骸もここに埋葬されました。
現在、大泉寺本堂の奥に霊廟があり、その裏に「武田信虎の墓」があります。
本尊釈迦如来。武田信虎三男の逍遥軒が描いた絹本著色「武田信虎画像」は国指定重要文化財。

基本情報

住所

甲府市古府中町

施設一覧

検索結果が表示されます

アイコンをクリックすると地図左側に該当施設が表示されます。

お問合せ先

名称

大泉寺

電話番号

055-253-2518

記載されている情報は、2020年12月18日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

この記事をシェア

ホーム > 大泉寺

現在地ナビ TOP