観光情報検索

ここから本文です。

奥庭自然公園(おくにわしぜんこうえん)

エリア:富士山・富士五湖

カテゴリ:スポーツ・ レクリエーション施設/公園・緑地

富士山五合目スバルライン沿いで、最も自然の豊かな場所の一つに奥庭自然公園があります。
奥庭駐車場からシラビソ、コメツガの自然林を北西に坂道を下る(ここは奥庭寄生火山噴火口の東縁部にあたる)と3分ほどで、奥庭荘につきます。
この辺は天狗の庭とも呼ばれて、奥庭火山の噴火口にあたる平地で、天狗岩など富士溶岩の塊が祭られています。
石畳みの敷いてある遊歩道の両側には、カラマツ、シラビソ、コメツガ、シャクナゲ、ナナカマドの木や波うねった溶岩塊が点在し、下草にはコケモモ、タカネバラが目につきます。
火口底の遊歩道を300mほど行くと登り坂となり、噴火口の火口壁となり、奥庭展望台に着きます。
山頂白山岳北側から始まる七太郎尾根は馬の背のように奥庭眼前に広がり、植物の垂直分布を観察するのに絶好のポイントであるとともに、雄大な裾野を広げて、灰黒色の富士溶岩層と赤色の火山砂礫スコリア層が重なって成層火山の証明をしてくれています。スコリアは、玄武岩質のマグマが空中に噴出し、マグマの中の気体(ガス)が逃げ去り、多孔質で軽い火山砂礫となったものです。
山頂より東側(左側)の稜線を追っていくと、小御岳五合目駐車場と小御岳火山の丘が遠望できます。
富士火山の最も古い火山と言われている小御岳火山は、今から約50万年前の噴火で主として複輝石安山岩からできている火山で、その東側は大きく曲線を画いた稜線を持つ噴火口があります。

奥庭の別名は天狗の庭。
富士山に住む天狗様が遊びに来ていたそうです。

奥庭のシャクナゲです。

奥庭自然探索路

御庭・奥庭・御中道のシャクナゲ7

奥庭は遊歩道が整備されています。

御庭・奥庭・御中道のシャクナゲ6

コケモモの花を見つけました。

所在地

住所

南都留郡 鳴沢村富士山

交通アクセス

最寄インター

中央自動車道河口湖IC

最寄駅

富士急行線河口湖駅

最寄高速バス

富士山五合目

最寄バス停

御庭

交通手段詳細

河口湖ICから五合目まで40分/河口湖駅から富士山五合目前までバスで60分

駐車場

バス

3台

普通

60台

館内施設

トイレ 

施設一覧

検索結果が表示されます

アイコンをクリックすると地図左側に該当施設が表示されます。

お問合せ先

名称

富士スバルライン有料道路管理事務所

名称(よみ)

ふじすばるらいんゆうりょうどうろかんりじむしょ

電話番号

0555-72-5244

休業日

路面の状態次第で通行不可あり

利用料金

通行料金(往復):普通自動車2000円

眺望

富士山の眺望  南アルプスの眺望 

関連URL

 

記載されている情報は、2018年11月28日現在のものです。
記載内容は予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
最新の情報は、各施設などに直接お問合せください。

ホーム > 奥庭自然公園

ページの先頭へ戻る