観光情報検索

ここから本文です。

山梨県立文学館 特設展「作家の愛用品」

現在、山梨県立文学館にて開催中の特設展『作家の愛用品』。

作家が、作品の執筆や、日常生活など様々な場面で愛用していたモノを通じて、作家の暮らしや作品に思いをはせ、作家を身近に感じてもらう展覧会です。

 

作家の愛用品チラシ

 

みどころ 

樋口一葉の髪飾り

樋口一葉の日本髪を飾った髪飾り

飯田蛇笏の硯

飯田蛇笏の句会用の硯。重ねて持ち運ぶことができる

 

芥川龍之介の革製財布

芥川龍之介が使用した革製の財布

※展示室では動画も公開中!
芥川龍之介使用の革製財布の内側を紹介した動画は
下記よりご覧ください。

太宰治の創作年表ノート

太宰治の「創作年表」ノート
出版社からの依頼が記されており、甲府空襲に遭った際には、持って避難したノート

 

 

深沢七郎の愛用のギター

深沢七郎の愛用のギター
「古稀」(左)、「瑞雲」(右)

プロのギタリストとして活躍しながら、小説の新人賞に応募し作家デビューを果たした深沢七郎。

写真のギターは、バイオリン製作で東洋のストラディバリと呼ばれた宮本金八が製作した名品。

 

 

 

 

「ここも必見!原稿用紙にもこだわりが…」

 

各作家の原稿も展示されています。注目したいのは、400字詰めや200字詰め、ルビ罫の有無、罫線の色など、作家によって異なるオリジナルの原稿用紙が使われているところです。

 

村岡花子の原稿

村岡花子「眠られぬままに」の原稿

作家の名前が入っている

作家の名前が入っている

 

 

山本周五郎の原稿

山本周五郎の原稿
20字×10行横長のマス目でルビ罫が無い用紙

林真理子「みんなの秘密」原稿

林真理子「みんなの秘密」原稿
左下に名前がある専用の原稿用紙

 

 

作家の愛用していた品から、その時代背景や、どんな生活をしていたか、作家の趣味などを伺い知ることができます。

その作家の生き方にも繋がっていて、作品だけでなく作家自身に興味が湧いてきます。

 

なかなか普段は見ることのできない愛用品たち。

この機会に愛用品を通じて作家の世界観を感じてみませんか。

 

開催概要

特設展『作家の愛用品』

  

  • 会場:山梨県立文学館 展示室C
  • 会期:2021年4月24日(土)~6月20日(日)
  • 休館日: 月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木)
  • 開館時間:9:00~17:00(入室は16:30まで)
  • 観覧料:一般:330円、大学生:220円、高校生以下の児童・生徒は無料

※くわしくは、山梨県立文学館の公式ウェブサイトをご覧ください。

 

 

作家の愛用品を動画で公開中!

芥川龍之介の革製財布のほか、随時アップ予定です。

展示では見られない貴重な部分も紹介しています。

 

 

山梨県立文学館

住所:山梨県甲府市貢川1-5-35

電話番号:055-235-8080

山梨県立文学館

 

 

この記事をシェア

ホーム > 山梨県立文学館 特設展『作家の愛用品』

現在地ナビ TOP