観光情報検索

ここから本文です。

おもてなし森林環境創出事業

県土の78%を森林が占める山梨県では、観光地、観光スポットの多くが森林、山岳エリアに存在しているが、眺望スポットの多くが周囲の樹林の成長や雑木等の繁茂により良好な眺望が失われてきております。

平成23年12月に「おもてなしのやまなし観光振興条例」が施行され、「おもてなしの推進」の柱として「良好な環境の保全、創出」が掲げられたことから、条例の目的達成のため、森林・山岳エリアにおける観光地の美しい森林景観形成や修景の要望に応えるため、県有林について、市町村の要望を調査し、選定会議により整備箇所を選定し整備を行っています。

過去の整備状況等の詳細はコチラ(外部ページ)でご確認ください。

この記事をシェア

ホーム > おもてなし森林景観創出事業

現在地ナビ TOP