観光情報検索

ここから本文です。

feature

河口湖カントリーコテージBAN11

更新日:2021年7月14日

貸別荘の概念を超えた贅沢な滞在!「河口湖カントリーコテージBAN」【富士河口湖町】

河口湖畔から徒歩圏内!都会の喧騒から切り離された小高い丘に位置する「河口湖カントリーコテージBAN」。木の香りに包まれる一戸建てのコテージゾーンに遊びごごろが感じられるグランピングリゾートゾーン、ワンちゃんと一緒に宿泊できるキャンプゾーンも。非日常感を味わいながら贅沢な滞在ができる「河口湖カントリーコテージBAN」をレポートします。

入った瞬間に実感!木のぬくもりを感じるコテージ

一戸建てのコテージ。一歩足を踏み入れるとすぐに木のぬくもりが全身を包み込みます。広々とした室内にはリゾートホテル並みのアメニティや冷蔵庫、電子レンジ等が完備。更にスタッフが毎日野山で摘んでいる花や木などが置いてあります。直接会って接客ができない中での、スタッフの心づかいが随所に感じられます。

河口湖カントリーコテージBAN2

コテージは清潔感があり快適に過ごせます

河口湖カントリーコテージBAN3

コテージ内の花はスタッフのおもてなしの気持ち

さあ何をしよう?とっておきのグランピングリゾート

コテージとは一味違うグランピングリゾートも河口湖カントリーコテージBANの魅力の一つ。キャンピングカー仕様のグランピングリゾートには自然と一体になれる工夫が盛り沢山!

河口湖カントリーコテージBAN4

テントにブランコ、ハンモック。さあ何して遊ぼうか!

広々としたウッドデッキでリフレッシュしながらブランコやハンモックに乗って童心に帰るのはいかがでしょうか。備え付けのテントの使い方は無限大!一人でくつろぐも良し。みんなでワイワイ入るのも楽しいかもしれません。さらに全棟に露天風呂が完備。大自然の風を感じながらお風呂でゆったりとくつろげます。

快適な空間ながら、常に身近に自然を感じられる新感覚アウトドアゾーン。あなたならどう楽しみますか?

河口湖カントリーコテージBAN5

露天風呂も完備。自然の風を感じてゆっくり浸かりましょう。

貸別荘?その想像を超えてくる

河口湖カントリーコテージBANには他にも快適に過ごせる様々な心づかいがあります。

まず、チェックイン時はドライブスルーチェックインが可能。非接触で感染症対策もバッチリです。

コテージで過ごすならやはりBBQが欠かせません。河口湖カントリーコテージBANでは全ての部屋に専用のBBQハウスが設置されています。全棟東屋形式なので雨でも快適!なんと炭の準備から終了後の後片付けまでスタッフが行ってくれます。まさに至れり尽くせりなBBQが楽しめます。

河口湖カントリーコテージBAN6

BBQハウス。屋根付きなので安心! 

コテージに泊まった翌朝、食事の準備が面倒だったりしませんか?河口湖カントリーコテージBANでは、各部屋に運んでくれる朝食、モーニングバスケットが用意されています。(チェックイン時に要予約)地元のパン屋さんの出来立てのパンと地元野菜を使ったポトフは爽やかな湖畔の朝にピッタリ!清々しい朝を彩ってくれます

河口湖カントリーコテージBAN7

地元の野菜を使ったポトフ。おなかの中から満たされる逸品です。

日曜日の朝限定の『ヨガ体験』やスタッフが採集したカブトムシを使った『森のリリースプログラム』など様々なアクティビティもあります。別荘に宿泊するだけではない様々な体験があなたを待っています。貸別荘の概念が覆されること間違いなし!

「サステイナブルな宿を目指して」副社長伴公子氏の熱い思い

「地域と幅広く連携しながら共に発展していける宿泊施設を心がけています。」

伴公子取締役副社長は、一言一言に熱い思いを込めながら我々の取材に答えてくれました。

河口湖カントリーコテージBAN8

従業員とともに作り上げたというハーブ畑の真ん中で微笑む伴公子取締役副社長。

「一つの施設だけで完結してその施設が富を独占する、今はそういう時代ではないと思います。地域とともに発展していく施設を目指さなくてはいけません。私たちは例えば“泊食分離”、朝食の食材は地元産のものを使う、夕食もBBQ以外を選択される方には地域で提携している飲食店をお勧めするなど、宿泊したお客様の目が地域に向かうよう心掛けています。ベッドスローやクッションには地元の機織り(はたおり)産業に従事する方の作品を使用し、グランピングリゾートのお客様に提供するハーブティは地域と連携した自社農園で育てています。地域の将来を担う人たちと繋がり、お互いが発展していけるよう、丁寧に関係性を築いています。」

河口湖カントリーコテージBAN9

地元産の機織りを使ったクッション

 

情熱ほとばしる公子氏。最後に今後の展望を伺いました。

「まだまだ私たちの立場から社会に対して貢献できることは多いと思います。地域や世界と連携したサステイナブルな宿、これは常に意識しています。昨今話題のSDGsは私たちがこれまで行ってきた取組がそのまま当てはまるんじゃないかってスタッフと笑いあっています。地域との関係性を構築し、共にこれからも発展をしていきたいと思っています。」 

取材後記

公子氏の言葉どおり、河口湖カントリーコテージBANには地域と繋がりながら持続可能な発展を目指す様々な取り組みが感じられました。

また、取材をしている中でも、自分だったらここをどう使おうか、どう過ごそうかという想像が掻き立てられる施設がたくさんありました。特におススメしたいのがグランピングリゾートのテント!秘密基地みたいで年甲斐もなくワクワクしてしまいました。

ワクワクする施設×丁寧な心づかいが嬉しい河口湖カントリーコテージBAN。一度宿泊すれば貸別荘の概念が変わること間違いなし!その感動は是非ご自身で足を運んで味わってください。

取材・文/石田

Related facility

施設情報

河口湖カントリーコテージBAN10

河口湖カントリーコテージBAN

南都留郡富士河口湖町河口2092

電話番号:0555-76-8090

予約はコチラ(外部リンク)

 

あわせて読みたい!『イチオシ宿』関連記事

やまなし観光推進機構職員が取材しました。各お宿の魅力をご紹介します!

富士の国やまなし編集部イチオシの宿一覧ページ

エリアでの検索も可能です。

 

この記事をシェア

貸別荘の概念を超えた贅沢な滞在!「河口湖カントリーコテージBAN」【富士河口湖町】

ページの先頭へ戻る
現在地ナビ TOP