観光情報検索

ここから本文です。

feature

更新日:2021年2月11日

住宅街を入るとそこは絶景を独占できる湯宿だった…「ホテル神の湯温泉」【甲斐市】

中央自動車道双葉SAスマートICから車で約3分、JR中央本線竜王駅から約2km。
高台の住宅街を入っていくと目の前に現れる温泉宿。
甲府を一望する高台にある自然と桜の木に囲まれた閑静な名湯で、地元の方の日帰り入浴でも人気の「ホテル神の湯温泉」をご紹介します。

「高台の桑畑と野原から住宅街の温泉宿に」

神の湯温泉が誕生したのは昭和47年9月、当時は鋼材業を営んでいた会社が社員の静養と多くの人が癒し休める場所を求めて開拓がはじめられました。

源泉は、食塩泉で湯量も多く、数多くの人に湯に浸っていただきたいと鋼材業の傍ら大浴場と12室の客室の湯宿を作ったのが始まりで、「神の湯温泉」の名の由来は、宝生山八津御獄神社の権現のお告げで沸き上がった湯からきています。

当初は、屋外プールや軽食の屋台を設けてお子様が楽しんだり、興業の演劇を楽しみなら昼食を楽しめるサービスなどの提供をしていましたが、平成元年に宿泊施設としてリニューアルオープン。

時を同じくして周辺の宅地化が進み、現在は住宅街の中にたたずむ温泉宿となっています。

開業時のパンフレット

「7種類の湯船の大浴場と4種類の貸切家族風呂がおススメ」

神の湯温泉の最大のおススメは日本温泉協会にも認定された良質の源泉温泉。宿泊のお客様や日帰りの入浴のお客様に留まらず、長距離トラックの運転手が休憩の傍ら双葉サービスエリアにトラックを止めて徒歩で入浴に来られるという。

大浴場は、細かな気泡で全身を包み込んで癒してくれる泡風呂(バイブラバス)や、寝ながら入れる寝風呂など、七種類それぞれの特徴があり、また湯温も異なりますので、たっぷりのんびりとお好みで温泉三昧をお楽しみいただけます。

また露天風呂は清流の自然石を積み重ねたお風呂で、桜の季節には中庭に咲き誇る桜と御坂山系や甲府の夜景をお楽しみいただけます。

それぞれ温度か異なる大浴場のお風呂

露天風呂

露天風呂から眺める庭園

自慢の4種類の貸切風呂

そして神の湯温泉最大のおススメは、富士山や甲府市を一望しながら湯浴みを楽しめる絶景の露天風呂「輝きの湯」「日本初!! たまご型の温泉蒸し風呂+御影石風呂」「高野槇(コウヤマキ)を使用して作った樽風呂」「洞窟の雰囲気と隠れ家的な要素を備えた神秘的な洞窟風呂」の4種類の貸切家族風呂。

どのお風呂も、大きな窓から四季折々の庭園を眺めながら湯浴みを楽しめ、湯船から溢れ出るお湯が、非常に心地よく贅沢な気分にさせてくれます。

優雅な時をテーマにした絶景の客室

お部屋は3種類の計24室。

和室は、きれいな富士山、夜にはすそ野から足元まで広がる魅惑の夜景までも望める絶景を独り占め出来る眺望自慢のお部屋「富士山ビューの絶景眺望の12~15畳のお部屋」(3階、4階)とリーズナブルに宿泊いただける「スタンダードタイプの12~15畳のお部屋」(2階)で甲府盆地の町並みと夜景、富士山とご来光をご覧いただく事ができます。

また春には庭園の桜の花、夏には石和温泉で打ち上げる花火などもお楽しみいただけます。

 

富士山ビューの和室部屋

 

お部屋か眺める富士山と甲府盆地

通なビジネスマンが利用する洋室プランが影の人気?

神の湯温泉に3室だけある洋室の部屋。

お部屋にトイレとお風呂は付いていませんが、館内は無線LANが整備されているのに加え、目の前が大浴場なので便利よく快適に過ごしして頂けます。

1人様でも利用できるリーズナブルな素泊まりプランがあるので、通なビジネスマンや一人旅の常連さんは甲府駅周辺のビジネスホテルではなく、館内の夜食処「双葉亭」と温泉で鋭気を養っているようです。

 

3室ある洋室部屋

 

夜食処「双葉亭」

甲州の旬味を満喫できる創作料理で満喫感倍増!

神の湯温泉でいただけるお料理は、料理長が「お決まりのような旅館料理では無く、本当に美味しいお料理と旬味を召しあがっていただく」と丹精込めて作り上げる伝統を進化させた創作料理。

お献立は月替わりで「甲州ワインビーフ」「富士桜ポーク」「甲州地鶏」などの山梨県の特別な食材や「フルーツ王国やまなし」自慢のぶどうや桃をはじめとしてさくらんぼや梨など一年を通じて美味しくフレッシュな穫れたてフルーツを味わえます。

また別注のお料理では「甲州富士桜ポーク味噌焼き」「甲州馬刺し」「甲州煮貝」など、地元の旬味がお楽しみいただけます。

お料理の一例

甲州馬刺し

“プチ非日常”を満喫いただくために

「20部屋と小さな宿ですがその分小回りが利く利点を生かし、お料理をはじめお客様の構成や特性にあわせたサービスのご提供や、日本温泉協会にも認定された良質の源泉温泉で日常の疲れの癒しと鋭気を養っていただけるようできるよう日々工夫していきたい」と語る橘田代表取締役。

シーンに合わせた数々のお風呂と富士山や甲府盆地の絶景とこだわりの料理が数多くのリピーターの心をつかんでいる神の湯温泉。

お泊りや日帰り入浴を楽しみに来られる県外のお客様だけではなく、先代の思いである「近隣の地域の数多くの人に湯に浸っていただきたい」思いも大切にし、感染症対策も施してお迎えをする体制を整えてお待ちしております。

ご案内いただいた橘田代表

Related facility

施設情報

ホテル神の湯温泉

山梨県甲斐市竜地17番

電話番号:0551-28-5000

予約はコチラ(外部リンク)

あわせて読みたい!『イチオシ宿』関連記事

やまなし観光推進機構職員が取材しました。各お宿の魅力をご紹介します!

富士の国やまなし編集部イチオシの宿一覧ページ

エリアでの検索も可能です。

この記事をシェア

住宅街を入るとそこは絶景を独占できる湯宿だった…「ホテル神の湯温泉」【甲斐市】

現在地ナビ TOP