観光情報検索

ここから本文です。

feature

道の駅なるさわ

更新日:2021年11月12日

富士眺望、絶景のロケーション!道の駅「なるさわ」

いまや旅行の目的地の一つとなっている道の駅。道の駅独自の特色を活かしながら、それぞれの楽しみ方を提供しています。
本格的に紅葉シーズンを迎える富士北麓、道の駅「なるさわ」を中心に見て触って感じる情報をお届けいたします。

富士眺望、絶景のロケーション!道の駅「なるさわ」

道の駅「なるさわ」は、河口湖ICから車で本栖湖方面に約15分程走ったところにあります。普通車200台、大型バス10台以上がとめられる大型駐車場が完備されており、駐車場を囲むように農産物直売所、軽食堂、観光案内所、トイレ、なるさわ富士山博物館、そして、建物の奥には富士山がそびえ立っています。

周辺には、トレッキングや富士の景色が楽しめる紅葉台・三湖台(こうようだい・さんこだい)、天然記念物の溶岩洞窟の富岳風穴・鳴沢氷穴(ふがくふうけつ・なるさわひょうけつ)、天然温泉施設「富士眺望の湯ゆらり」などがあります。
 

360度の大パノラマ 紅葉台・三湖台

 紅葉台は、道の駅「なるさわ」から車で15分程移動したところにあります。紅葉台の見どころは、レストハウスにある展望台からの富士山です。 国道139号線に出て、本栖湖方面に車を走らせると、紅葉台入口の案内が出てきます。そこを右折し進んでいくと舗装されていない上り道が出てきます。

紅葉台の頂上までいくと、レストハウスがあります。入り口で入場料を支払って、展望台まで上がると眼下に広がる富士の絶景を楽しむことができます。言葉を失うほどの絶景です。
じっくり富士山を見ると中腹にはスキー場や天気が良いと富士山の左手の奥の山中湖まで見ることができます。展望台の入場に大人200円/小人150円かかりますが、ぜひ見ておきたい絶景です。(標高1,164m)
※登山入口にドライブインがあります。一般用の駐車場となりますので、駐車には十分ご注意ください。

 

紅葉台ひしまる

富士の絶景にひし丸くんも大喜び 


さらに、紅葉台レストハウスから15分ほど登っていくと三湖台があります。紅葉台から三湖台までは緩やかな登山道で、ファミリーハイクやトレッキング初心者には、ちょうどよいコースです。
三湖台は、西湖、精進湖、本栖湖の3つの湖が眺められることからその名前がついたと言われています。

三湖台

展望台が整備されており、見晴らしがよいスポット。(三湖台 標高1,202m)

 

天然記念物の溶岩洞窟、富士の大自然を体感! 富岳風穴・鳴沢氷穴(ふがくふうけつ・なるさわひょうけつ)

道の駅「なるさわ」から車で約10分のところには、富岳風穴、鳴沢氷穴があります。天然記念物の溶岩洞窟で、実際に洞窟の中に入り、富士山の溶岩でできた神秘を感じることができる場所です。並列して紹介される事が多いので、つながっているように思われますが、それぞれ独立した洞窟です。※車で5分程度で移動が可能です。

・富岳風穴

風穴2

富士山の溶岩流が生み出した青木ヶ原樹海にある数多い溶岩洞穴で、最も巨大な自然洞穴の一つです。総延長201メートル、高さ8.7メートルの横穴で、約15分で歩くことができます。洞窟内は幻想的な世界が広がっていて、夏でもひんやりと涼しく平均気温は3度。昔はお蚕の貯蔵や種子の保存のために使われていたという天然冷蔵庫です。毎年できる天然の大きな氷柱は有名。壁の玄武岩質に音を吸収する性質があり、内部は音が反響しない神秘的な空間です。

 
・鳴沢氷穴

氷穴2

冬の氷柱は圧巻の一言です。自然の力を感じます。 

富岳風穴と並び富士山麓の代表的な溶岩洞窟の一つです。全長153m。内部の温度は平均3度と低く、一年中氷に覆われていることからこの名がついたと言われています。天井から染み出した水滴が凍ってできて氷柱は特に見ものです。

富岳風穴・鳴沢氷穴のご案内はこちら(外部リンク)

 

 

シャキシャキ食感! 鳴沢村の郷土料理「せんどそば」

  山梨の郷土料理というと「ほうとう」が真っ先に思いつきますが、ここ鳴沢村の郷土料理はほうとうではなくそばです。その名も「せんどそば」といい、せんど付きと呼ばれる道具を使って大根を千切りにして、食べたことからその名がついたと言われています。そばが貴重だった時代に少しでも量を多くして食べたいという地域の人達の知恵から生まれました。千切りにした大根がおそばのつゆと絡まり、シャキシャキとした食感が新鮮です。薬味の特製南蛮味噌をいれると、味が変わって、二度楽しめます。特性南蛮味噌がすこし辛いので、入れすぎには注意が必要です。 道の駅「なるさわ」内にある軽食堂にて食べることができます。

せんどそば
シャキシャキとした食感が楽しめる鳴沢の郷土料理「せんどそば」

 

富士を見ながら、疲れを癒やす 「富士眺望の湯ゆらり」

道の駅「なるさわ」から徒歩2分のところには「富士眺望の湯ゆらり」という日帰りの天然温泉施設があります。この温泉の特徴はお風呂の種類が多いこと。その数、16種類。女性に人気のアロマテラピー効果のある温泉や洞窟低温バブル温泉や富士山を目の前で眺めながら入浴できる露天風呂があります。雪解け水から湧き出る天然温泉に浸かりながら、体と心を癒やす、最高の時間となることまちがいなしです。
新型コロナウイルス感染症対策にも取り組んでおり、お客様には安心安全にご利用できるように配慮されています。

 

天然風呂(ゆらり)

富士を見ながら至福のひとときを 

 

富士眺望の湯ゆらりのご案内はこちら(外部リンク)

 

ふじさんのことがまるわかり「なるさわ富士山博物館」

道の駅の駐車場に併設するように「なるさわ富士山博物館」があります。富士山の成り立ちや富士山の噴火が周辺地域にどのような影響を与え、また、富士山が今どのような活動をしているかなど知ることができる施設です。
その他、館内にあるミュージアムショップでは、水晶原石や天然石、人気のパワーストーンブレスレット、印伝など山梨ならではのおみやげを買うことができます。

また、ブレスレット作り体験コーナーでは、好きなパワーストーンを選んでオリジナルブレスレットを作ることもできます。ご自身にあったパワーストーンを見つけてみてはいかがでしょうか。

富士山博物館

富士の神秘を見て知って感じるなるさわ富士山博物館

 

なるさわ富士山博物館のご案内はこちら(外部リンク)

Related facility

施設情報

道の駅なるさわ 

 道の駅「なるさわ」

山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532-65

電話番号:0555-85-3900

施設の詳細を見る(外部リンク)

取材・文/清水

この記事をシェア

ホーム > 特集 > 富士眺望、絶景のロケーション!道の駅「なるさわ」

現在地ナビ TOP