ここから本文です。

更新日:2022年6月10日

【旅と出会いの拠点】旅の駅 kawaguchiko base

河口湖ICを降りて国道137号線を甲府方面に10分ほど走った場所にある黒い建物。
こちらは、新世代型”道の駅”「旅の駅 kawaguchiko base」です。
山梨県に新しくオープンするこの魅力的な施設を紹介します。

誰もが集まり刺激を受ける拠点

都心から車で約90分、甲府市と富士吉田市をつなぐ幹線道路に位置する旅の駅は、旅人だけでなく地域住民も集まることができる拠点です。
地域の生産者のこだわりがつまった商品の販売や食事の提供、さらには様々なイベントが開催される屋内スペース等々……地域の魅力が集まり、来た人みんなが地域を好きになる場所、それが旅の駅です。
富士山や河口湖など魅力あふれる富士河口湖町、その魅力を集約しさらに発展させる拠点になること間違いなしです!

旅の駅-外観
旅の駅外観

「本物のおいしさ」を。あさま市場

「本物のおいしさ」にこだわり、2,000品目を超える商品が集まるあさま市場。
地元農家が丁寧に作った四季折々の野菜やテイスティングもできるワインコーナー、地元の名店手作りパン工房「サンクルー」が作る手作りパン、「本物のおいしさ」を集めたプライベートブランド等々。
おいしいことは勿論、作り手のこだわりで人や地域、社会が発展していく、そんな商品を提供してくれます。

旅の駅-あさま市場-2
「本物のおいしさ」が集まるあさま市場

富士河口湖町ゆかりの味を!テラスキッチン

地産レストラン「テラスキッチン」では、柔らかい肉質と豊かな風味が特徴の『甲州牛ローストビーフ丼』や山梨名物ほうとうを大胆にアレンジした『オリジナルほうとう』、富士の名水で育った信玄鶏と旬の野菜を堪能できる『信玄鶏と季節野菜のガーデンドリア』など地元山梨で愛される味をヒントにした創作料理を味わうことができます。
また、素泊まり宿泊者の利用も想定した朝食の提供も企画されているそうです!

旅の駅-ローストビーフ丼
甲州牛 ローストビーフ丼

旅の駅-ほうとう
オリジナルほうとう

旅の駅-ドリア
信玄鶏と季節野菜のガーデンドリア

 旅の駅のこれから

醸造家とぶどう農家の個性あふれるこだわりの小ロットワインを醸造する、富士河口湖町初のワイナリーが2022年8月開業予定。ぶどうの品種で分けてワインを作るのではなく、ぶどう農家に焦点を当て、ぶどう農家ごとにワインを作る予定とのことです。少量ですが、醸造家だけでなく、生産者の顔が見えるワイナリーになるとのことです。
また、レストラン併設のワインショップやグランピング施設( 2023年春頃開業予定)の開業も予定されています。

伴一訓社長によれば、旅の駅はこれから色々な人の協力を得て「魂を込めていく」場所になるとのことです。
地域の発展は一人の努力や一つの事業者のやる気だけではなしえません。魅力が集まり、共に刺激し連携しながら持続的に発展していける場、そしてそんな場から生み出される大きなうねりが必要となるのではないでしょうか。
今回ご紹介した旅の駅はそのうねりを産み出しうる可能性を秘めた施設です。

皆様、是非一度「旅の駅 kawaguchiko base」に足を運んでみてください。

取材・文/石田


旅の駅-伴社長
伴一訓社長と武田菱丸くん

Related facility

施設情報

旅の駅-トップ画像

旅の駅 kawaguchiko base

山梨県南都留郡富士河口湖町河口521-4

施設詳細(外部リンク)
この記事をシェア

その他の特集を見るother

ホーム > 特集 > 【旅と出会いの拠点】旅の駅 kawaguchiko base