観光情報検索

ここから本文です。

世界遺産「富士山」がGoogleマップのストリートビューで公開

世界文化遺産に登録された、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産がGoogleマップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。
世界遺産「富士山」の構成資産は、富士山の山体だけでなく、周囲にある神社や登山道、溶岩樹型、湖沼など、山梨・静岡両県に25の構成資産があります。

これまでに、吉田口登山道(一合目~山頂)が平成25年7月に、富士の原生林、青木ヶ原樹海の遊歩道が同年12月に公開されてきました。

今回、北口本宮冨士浅間神社、河口浅間神社、忍野八海、船津胎内樹型、御師住宅などの構成資産がご覧いただけるようになりました。

 Googleストリートビュー富士山

※ストリートビューは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、街中や観光名所などをその場にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけるサービスです。

Googleマップで、富士山や構成資産を検索し、表示された地図上に黄色い人形のアイコン「ペグマン」をかざして置いていただくことで、その地点のストリートビューをご覧いただくことができます

お問合せ先

名称

山梨県観光部観光振興課

電話番号

055-223-1557

関連URL

 

ホーム > 世界遺産「富士山」ストリートビュー

ページの先頭へ戻る