観光情報検索

ここから本文です。

甲州ワインの歴史とこれから

明治から平成まで国内外の技術と知恵を集結してつくりあげた味

 <明治>

1870年 甲府の山田宥教と詫間憲久が清酒の醸造技術を応用し、甲州ぶどうからワインを生産したが2年後廃業。
1877年 勝沼に大日本葡萄酒会社が創設。高野正誠と土屋龍憲をワインづくり研修でフランスへ派遣。

 

土屋と高野

1877年、勝沼の青年がワインづくりを

学ぶため、フランスに派遣された。

  

<昭和>  
1979年 勝沼町ワイン原産地認定制度が条例化。
1984年 食事と相性がよい辛口が求められるようになり、やや甘口のフレッシュ&フルーティからスタイルを転換。シュール・リー製法を用いた最初のワインがリリースされる。
1987年 勝沼の小中12ワイナリーにより、勝沼ワイナリークラブ発足。シュール・リー製法が一般化。
<平成>  
2003年 ボルドー大学の研究により、甲州ぶどうに柑橘系の香りの前駆体(ある物質が生成する前の段階の物質)である3MH(3メルカブト・ヘキサノール)が発見される。
2004年 カリフォルニア大学デイヴィス校が甲州のDNA鑑定を実施。ヴィティス・ヴィニフェラの系統と判明。
2005年 アメリカの世界的なワイン評論家、ロバート・パーカーJrが甲州ワインを初評価。
2009年 山梨県内のワイン生産者15社を中心に、KOJ(Koshu of Japan)が発足。甲州ワインの品質向上と世界進出を目指す。
2010年 OIV(国際ブドウ・ワイン機構)が甲州をブドウ品種として登録。同年甲州市原産呼称ワイン認定制度が施行される。
2013年 日本のワイン産地として初めて、国税庁長官から地理的表示「山梨」の指定を受ける。

 

若い世代に聞いた「甲州ワインの未来」のためにできること

(このインタビューは平成24年度に実施しました。)

その1 甲州の伝統とは異なる「垣根仕立ての栽培」に挑戦中

「中央葡萄酒」の三澤彩菜さんが考える理想の甲州とは、“残糖のないドライなスタイル”。“酸がシャープでかつ複雑”そして“ほどよい香り”の3要素を持つもの。こうした要件を満たすブドウ作りに、欧米で一般的な「垣根仕立て」が必要と語ります。この栽培法で作られた甲州ブドウは、他のブドウとは濃縮具合が明らかに違うのだとか。将来は、県内の甲州産地で垣根仕立てを一般化させるのが夢だそうです。

三澤彩菜さん

その2 フランスのワイン修行で甲州の素晴らしさを再発見

甲州ワインのワイナリー「ダイヤモンド酒造」の三代目・雨宮吉男さん。彼がブルゴーニュの研修中に知り合った現地の友人の実家ワイナリーで、曾祖父の代からこだわっていたのは古来種のアリゴテでした。土地には土地に適した品種があることを学んだ雨宮さんは、帰国後「品種も地元なら醸造技術も地元」を掲げて、山梨におけるワイン造りの伝統を受け継いでいます。

雨宮吉男さん

その3 甲州は緊張感のある品種だから挑戦し甲斐もある

ともに大阪大学を卒業し、発酵や日本酒分野で活躍した土屋幸三さんと由香里さん。結婚後、夫の祖父が残したワイナリー「機山洋酒工業」を継ぎました。ご夫妻のモットーは、甲州ブドウの品種特性に寄り添いながら、この種が持つ白桃や花梨、リンゴ、密柑、グレープフルーツの薄皮といったさまざまなアロマを自然のままに引き出すこと。「食卓の日常品として良いワインを選びたい」と、二人のあくなきチャレンジは続きます。

土屋幸三さんと由香里さん

 

この記事をシェア

ホーム > 山梨のワイン > 甲州ワインの歴史とこれから

現在地ナビ TOP