御岳昇仙峡の紅葉
(みたけしょうせんきょうのこうよう)

エリア:甲府・昇仙峡

カテゴリ:自然/紅葉

国の特別名勝にも指定されている御岳昇仙峡は、紅葉の名所として知られています。
覚円峰(かくえんぼう)をはじめ、渓谷内には奇岩が至るところに見られ、その白い岩肌と赤や黄色に紅葉した木々のコントラストが絶景を作り出します。昇仙峡の玄関口として親しまれている有名な長潭橋と紅葉の景色も絵画のような美しさです。
そして、仙娥滝や板敷渓谷の大滝など、迫力ある滝と紅葉の景色も圧巻です。
雄大な自然が作り出す秋の美しい景色を、甲府市街から30分程の所で楽しめることも人気の理由です。
また昇仙峡は、とても長い渓谷で標高差があるため、一ヶ月以上もの間紅葉を楽しむことができます。

■見頃10月中旬~11月下旬■主な樹種カエデ、ウルシ、ヌルデ、ナナカマド、クヌギ

昇仙峡の主峰「覚円峰(かくえんぼう)」。

大正14年から昇仙峡の玄関口として親しまれてしる「長潭橋(ながとろばし)」。

「天鼓林(てんこりん)」はまるで絵画のようです。

パソコン版サイトでは、
周辺のバス停検索や口コミ情報をご覧頂けます。
[PCサイト]ボタンをタップすると移動します。
PCサイト